dtmfdecode(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dtmfdecode

前のページ 上に戻る 次のページ

dtmfdecode




解説

     dtmfdecode は isdn4bsd パッケージの一部分です。オーディオストリーム中の
     DTMF トーンを見つけるために使われます。

     このコマンドは、標準入力から G.711 A-Law 形式のデータによる音声を読み込
     み、標準出力にに ASCII 文字として、見つけた番号を出力します。

     検波器は integer double-cross recursive algorithm による 8 つの狭帯域バン
     ドパスフィルタによって実装されています。検波した信号にヒステリシスとアン
     チバウンスを与えるために、様々なアドホックな方法が試みられています。


使用例

     次のコマンド

           dtmfdecode < beep.al

     は標準出力に "1" を表示します。


規格

     ITU Recommendations G.711


作者

     dtmfdecode は Poul-Henning Kamp <phk@FreeBSD.org> が作成しました。このマ
     ニュアルページは
     Hellmuth Michaelis <hm@FreeBSD.org> が書きました。

FreeBSD 4.4                    February 15, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス