dist(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dist

前のページ 上に戻る 次のページ

dist



SYNOPSIS

       dist    [+folder]    [msg]    [-annotate]    [-noannotate]
            [-draftfolder +folder]            [-draftmessage msg]
            [-nodraftfolder]      [-editor editor]      [-noedit]
            [-form formfile]       [-inplace]        [-noinplace]
            [-whatnowproc program] [-nowhatnowproc] [-help]


DESCRIPTION

       distforw に似ています。指定されたメッセージを、(たぶ
       ん)元のアドレス・リストに無かったアドレスに再配布するも の
       です。

       デフォルトのメッセージ・フォームは次の通りです。

            Resent-To:
            Resent-cc:

       も し、ユーザーの MH ディレクトリに "distcomps" という名前
       のファイルがあった場合、このフォームに代わってそれが使われ
       ま す。いずれの場合も、`-form formfile' が指定された場合は
       そのファイルが使われます。使われるフォームは再送されるメッ
       セージに適用されます。

       もし、ドラフトが既に存在する場合、 dist はそのドラフトをど
       うするのかを聞いて来ます。 quit と答えると、ドラフトをその
       まま残して、dist を終了します。 replace は存在するドラフト
       を空の雛型で置き換えます。 list はドラフトを表示します。

       "Resent-To:"、"Resent-cc:"、そして、"Resent-Bcc:" にあるア
       ド レスにだけ配送されます。また、"Resent-Fcc: folder" は尊
       重されます(send (1) を参照)。 dist の場合、 ド ラ フ ト は
       "Resent-xxx:" 行だけを含んでいて、ボディを含んでいるべきで
       ない事に注意して下さい。メッセージが送られる際に、元のメッ
       セージのヘッダーとボディがドラフトに追加コピーされます。再
       配布の際のヘッダーは注意をして作成して下さい。

       もし、`-annotate' オプションが指定されると、再配布さ れ る
       メッセージには次に示すような注釈が付けられます。

            Resent: 日付
            Resent: アドレス

       アドレスリストは要求されただけ多くの行になり得ます。この注
       釈は、メッセージが dist から直接送られた時にだけ付けられま
       す。 も し、メッセージが dist からすぐには送られずに、後に
       "comp -use" などで再編集してから送られた場合、この注釈付け
       は行なわれません。 `-inplace' オプションが指定されると、注
       釈が付けられるメッセージのハードリンクを保持するために、移
       動・コピー等せずに、そのファイル自身に注釈付けが行なわれま
       す。

       `-editor' や `-noedit' オプションに関しては comp (1) を 参
       ンで抑制出来ます (本当を言うと、最初の編集を開始するプログ
       ラムが whatnow です。従って、`-nowhatnowproc' は全ての編集
       を抑制します)。


FILES

       /usr/local/lib/mh/distcomps         メッセージの雛型
       あるいは <mh-dir>/distcomps         が標準の雛型に代わる
       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル
       <mh-dir>/draft                      デフォルトのドラフト・ファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Current-Folder:      デフォルトのカレント・フォルダを示す
       Draft-Folder:        デフォルトのドラフト・フォルダを示す
       Editor:              デフォルトのエディタを置き換える
       fileproc:            メッセージを refile するプログラム
       whatnowproc:         "What now?" と聞いてくるプログラム


SEE ALSO

       comp(1), forw(1), repl(1), send(1), whatnow(1)


DEFAULTS

       `+folder'            デフォルトはカレント・フォルダ
       `msg'                デフォルトは cur
       `-noannotate'
       `-nodraftfolder'
       `-noinplace'


CONTEXT

       もし、フォルダが指定されれば、それがカレント・フォルダとな
       ります。再配布されたメッセージがカレント・メッセージになり
       ます。


HISTORY

       dist は元々、"Resent-xxx:" ではなく、 "Distribute-xxx:" と
       いう形のヘッダーを使っていました。現在は、Internet の標 準
       である RFC-822 を満たすために "Resent-xxx:" 形式が使われて
       います。しかし、dist は "Distribute-xxx:" 形式のヘッダーも
       認識し、自動的に "Resent-xxx:" 形式に直します。


BUGS

       dist  は、配布されるメッセージが配送規格に合ってるかどうか
       を厳しくチェックしたりはしませんが、send から呼ばれる post
       はします。 post プログラムは正しくない形式のメッセージを弾
       きますが、 dist はそれを直そうとはしません。

       もし whatnowprocwhatnow の場合、 distwhatnow プ ロ
       グ ラムを実際に走らせずに、内蔵の whatnow ルーチンを使いま
       す。従って、もし自分で独自の whatnowproc を設定す る 場 合
       に、 そ れに whatnow という名前をつけてはなりません。 dist
       はそれを起動しないからです。


ABELNET VPSサービス