dirname(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dirname

前のページ 上に戻る 次のページ

dirname


     basename string [suffix]
     dirname string


解説

     basenamestring から最後の `/' までを削除し、 suffix が指定された場合
     はこれも削除します。 (まず後続する複数のスラッシュを取り除いた) string に
     残された文字列と suffix がまったく同じ場合には、削除しません。そして、そ
     の結果得られるファイル名を標準出力に書き出します。存在しない suffix は無
     視します。

     dirname は (まず後続する複数のスラッシュを取り除いた) string 中の最後の
     `/' から最後尾までをファイル名とみなしてこの部分を削除し、残りを標準出力
     に書き出します。


使用例

     次の行は、シェル変数 FOO に /usr/bin を設定するものです。

           FOO=`dirname /usr/bin/trail`


診断

     ユーティリティ basename および dirname は、成功すると 0 で、エラーがあっ
     た場合は >0 で終了します。


関連項目

     csh(1), sh(1)


規格

     basename および dirname の機能は、 IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 準拠であ
     ると思われます。

FreeBSD 4.4                     April 18, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス