diff3(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

diff3

前のページ 上に戻る 次のページ

diff3



書式

       diff3 [options] mine older yours


解説

       diff3 は、3 つのファイルの間で比較を行ない、それらの違いを
       出力します。

       比較するファイルは mine, older, yours です。こ れ ら の う
       ち、1  つは - を使用しても良く、これはファイルの代わりに標
       準入力を読むことを diff3 に指示します。

   B>オB>プB>シB>ョB>ン
       以下が GNU diff3 が受け付ける全てのオプションのま と め で
       す。 (引数を取らない限り)1 文字のオプションをまとめて 1 つ
       のコマンドライン引数に出来ます。

       -a     テキストファイルでないようなものについても、全て の
              ファ イルをテキストとみなして、1 行づつ比較していき
              ます。

       -A     older から yours への変更の全てを、 mine に統合しま
              す。 同じ行への変更で矛盾が出る部分は、ブラケット行
              で囲みます。

       -B     -A の古い挙動です。矛盾のある部分を表示しません。

       -e     older から yours への変更の全てを、 mine に統合する
              ような ed のスクリプトを生成します。

       -E     -e  と同様ですが、 mine と yours とで重複する変更行
              をブラケットで括ります。 -e では重複する行につい て
              は、次のように出力されます:

              <<<<<<< mine
              lines from mine
              =======
              lines from yours
              >>>>>>> yours

       --ed   older から yours への変更の全てを、 mine に統合する
              ような ed のスクリプトを生成します。

       --easy-only
              mine と yours の変更箇所が重複するような行を出力 し
              ない事を除いては、 -e と同等です。

       -i     System V との互換のため、 ed のスクリプトの最後に、
              wq を出力します。このオプションは、オプ ショ ン
              -AeExX3 のどれか 1 つと組み合わせて使われなけれなま
              りません。また、オプション -m と組み合わせる事は で
              きません。


       -m
       --merge
              mine を生成するエディットスクリプトをつくり、結果を
              標準出力に送ります。 diff3 の出力を ed にパイプでつ
              な ぐのと異なり、バイナリファイルや不完全な行に対し
              ても適用できます。エディットスクリプトのオプショ ン
              が指定されてない場合は、 -A として処理します。

       --overlap-only
              mine  と yours の変更箇所が重複する行だけを出力する
              点を除いて、 -e と同様です。

       --show-all
              older から yours への変更を mine に統合します。重複
              する部分は、ブラケット行で囲みます。

       --show-overlap
              -e と同様ですが、mine と yours で重なる変更行をブラ
              ケットで括ります。

       -T     出力行の前に、通常の 2 文字の空白の代わりにタブを入
              れます。各行の見た目が、タブ位置に揃います。

       --text  テキストファイルでないようなものについても、全ての
              ファイルをテキストとみなして、1 行づつ比較してい き
              ます。

       -v
       --version
              diff3 のバージョン番号を表示します。

       -x     -e と似ていますが、重なる変更のみを表示します。

       -X     -E と同様ですが、重なる変更のみを表示します。言い替
              えると、 -x と同様ですが、 -E と同じように変更を ブ
              ラケットで括ります。

       -3     -e   と同様ですが、重ならない変更部分のみを出力しま
              す。


関連項目

       cmp(1), comm(1), diff(1), ed(1), patch(1), sdiff(1).


診断

       diff3 が成功した場合は 0 を、なんらかの矛盾が発見された 場
       合は 1 を、何かエラーがおきた場合は 2 を返します。



GNU Tools                   22sep1993                    DIFF3(1)

ABELNET VPSサービス