dialog(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dialog

前のページ 上に戻る 次のページ

dialog



書式

       dialog --clear
       dialog --create-rc file
       dialog  [  --title  title ] [ --clear ] [ --hline line ] [
       --hfile file ] box-options


解説

       dialog はシェルスクリプトから、質問形式、メッセージ表示 形
       式など、いろいろな種類のダイアログボックスを表示するプログ
       ラムです。現在サポートされているダイアログボックスは以下の
       とおりです。

       yes/no ボックス、 menu ボックス、 input ボックス、 message
       ボックス、 text ボックス、 info ボックス、 checklist  ボッ
       クス、 program ボックス、 ftree および tree ボックスです。


オプション

       --clear
              終了時に画面をクリアします。

       --create-rc file
              dialog はランタイムコンフィギュレーションをサポート
              し ています。 file にサンプルの設定ファイルを書き出
              します。

       --title title
              ダイアログボックスの最上行に表示する文字列 title を
              指定します。

       --hline line
              ダ イアログボックスの最下行に表示する文字列 line を
              指定します。

       --hfile file
              ? キーか F1 キーをタイプしたときに表示する file  を
              指定します。

       B>ボB>ッB>クB>スB>オB>プB>シB>ョB>ン

       --yesno text height widthheightwidth のサイズの yes/no ダイアログボッ
              クスを表示します。 text で指定された文字列はダイ ア
              ロ グボックスの内部に表示されます。この文字列が長す
              ぎて、1行で表示できない場合は、自動的に複数行に分割
              されます。 text が文字列 "\n" もしくは改行文字 `\n'
              を含んでいる場合、その場所で改行します。このダイ ア
              ログボックスはユーザに yes あるいは no という返答を
              求める際に役に立ちます。ダイアログボックスは YesNo  のボタンを持っており、 TAB キーで選択することが
              できます。

       --msgbox text height width

       --inputbox text height width
              input ボックスはユーザに文字列を入力させるときに 役
              に 立 ちます。入力時に バックスペースキーを押すこと
              で、タイプミスを訂正することができます。入力文字 列
              が ダイアログボックスより長くなった場合は、入力フィ
              ールドがスクロールします。終了時には入力された文 字
              列を stderr に出力します。

       --textbox file height width
              text ボックスは、テキストファイルの内容をダイアログ
              ボックスの中に表示するためのものです。これは簡単 な
              テ キ ス トファイルビュアーのようなものです。表示中
              は、 UP/DOWNPGUP/PGDNHOME/END キーを使って ファ
              イル中を移動できます。 1 行がダイアログボックスより
              長い場合は、 LEFT/RIGHT で左右にスクロール で き ま
              す。 より便利に使うために、前方検索、後方検索の機能
              も実装されています。

       --menu text height width menu-height [ tag item ] ...
              menu ボックスは、その名のとおりダイアログボックスに
              リ ストを表示してユーザに選ばせるものです。各メニュ
              ーは tagitem で構成されます。 tag は他の項目 と
              区 別するためのものです。 item はその項目が表す内容
              を短く記述したものです。ユーザは UP/DOWN キー、また
              は  tag   の先頭文字、 1-9 を押すことで項目を選べま
              す。 menu-height は一度に表示できるメニューの数を設
              定します。 menu-height より多くの項目がある場合、メ
              ニューがスクロールします。 dialog を終了すると き、
              選択されたメニューの tagstderr に出力されます。

       --prgbox command height width
              program ボックスは command の出力をダイアログボック
              スに表示します。

       --checklist  text height width list-height [ tag item sta-
       tus ] ...
              checklist  ボックスは、メニューから項目を選ぶという
              点で menu ボックスと似ていまが、項目のなかから 1 つ
              を 選ぶのではなく、ユーザが各項目をオン・オフに設定
              することができます。各項目のオン・オフの初期設定 は
              status で設定できます。終了時には、ステータスがオン
              になっている項目の tagstderr に出力されます。

       --ftree file FS text height width menu-height
              ftree ボックスは、ファイル file に記述されたデー タ
              を も と にツリーを表示するダイアログボックスです。
              ファイル内のデータはB>Afind(1) の出力形式のように 見
              えます。 find の出力の場合、フィールドセパレータ FS'/' になります。 height および width が正の値 の
              場合、 ftree ボックス全体の絶対的な大きさを設定しま
              す。 height および width が負の値 の 場 合、  ftree
              を含めることが可能ですが、 find(1)-d オプション
              付きで起動した出力のような形式も使用可能です。ツ リ
              ー のリーフへの中間のパスは、無くてもかまいません。
              そのようなデータは、ファイルからの読み込み時に修 正
              されます。

       --tree FS text height width menu-height [ item ] ...
              tree  ボックスは、 ftree に似ていますが、例外があり
              ます。第 1 に、データはファイルから入力されるのでは
              な く、コマンドラインから item item ...  の形式で読
              み込まれます。第 2 に、データの修正はいかなる場合に
              も 行われません。よってB>Afind(1) を -d オプション付
              きで起動した形式のデータは不正に見えます。


ランタイムコンフィギュレーション

       1.  以下のように、サンプルの設定ファイルを作成します。

                 "dialog --create-rc <file>"

       2.  dialog は以下のように読み込む設定ファイル決定します。

           a)  環境変数 DIALOGRC が設定されている場合、その値は設
               定ファイル名として扱われます。

           b)  (a)   で 指 定されたファイルが存在しなかった場合、
               $HOME/.dialogrc が設定ファイルとして扱われます。

           c)  (b) のファイルが存在しなかった場合、デフォルトの設
               定で起動します。

       3.   サ ンプルの設定ファイルを編集して、 2 を参考に dialog
           が見付けることができる場所にコピーします。


環境変数

       DIALOGRC       独自に設定をする場合は、設定ファイル名を 指
                      定します。


関連ファイル

       $HOME/.dialogrc     デフォルトの設定ファイル


診断

       dialogYesOK を押されて終了した場合は 0 を、 NoCancel を押されて終了した場合は 1 を返します。また、  dia-
       log  の内部でエラーが起こるか、 dialogESC キーを押して
       終了させた場合、-1 を返します。


関連項目

       dialog(3)



バグ

       タブキャラクタを含むテキストファイルを text ボックスで表示

       Anatoly A. Orehovsky (tolik@mpeks.tomsk.su) が更新しました
       (ftree と tree ボックス)。



                          2 October 1998                DIALOG(1)

ABELNET VPSサービス