cvs(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cvs

前のページ 上に戻る 次のページ

cvs



注記

       こ のマニュアルページは cvs の機能のまとめですが、より詳細
       な文書に関しては (このマニュアルページの関連項目の節に記述
       し て あ るように) Cederqvist 著のマニュアルを参照して下さ
       い。


書式

       cvs [ cvs_options ]
              cvs_command [ command_options ] [ command_args ]


解説

       CVS はバージョン制御システムであり、RCS や SCCS のように、
       ファイル (通常はソースコード) の古いバージョンの保持と誰が
       何時何故変更を施したかなどの記録の保持を可能にします。同様
       の システムとは異なり、 CVS は一時に 1 ファイルや 1 ディレ
       クトリのみを操作対象とするのではなく、バージョン管理された
       ファイルを持つディレクトリ集合からなる階層を操作対象としま
       す。 CVS は、リリース管理を助け、また複数の作者による並 行
       的 なソースファイル編集を助けます。 CVS は、様々な操作を有
       効にしたり記録したり制御したりするためにトリガを使用可能で
       あり、広域ネットワークでうまく動作します。

       cvs はマスタソースの単一のコピーを保持します。このコピーは
       ソースの``リポジトリ''と呼ばれます。 これは、以前のソフ ト
       ウェアリリースをいつでもシンボリックなリビジョンタグか、ま
       たは過去の日付のいずれかに基づいて取り出せるようにするため
       の全ての情報を含みます。


不可欠なコマンド

       cvs はバラエティに富んだコマンドを提供します (書式説明にお
       ける cvs_command)。また分散環境での多様なソース管理要求 を
       満たすために、これらのコマンドの多くにはいくつものオプショ
       ンが用意されています。しかしながら、 cvsで便利に仕事をする
       ためにそれぞれの細部に渡ってマスタする必要はありません。実
       際、ソースリポジトリを使う (そしてそれに貢献する) に は  5
       つのコマンドで充分です。

       cvs checkout modules...
              大 部分の cvs での作業のために必要な準備: modules (
              名前をつけたソースの集合。 ここにはソースリポジトリ
              へ の相対パスを使うこともできます) のソースの私的な
              コピーを作成します。他人の作業に邪魔されることな く
              このコピーで作業することができます。少なくとも 1 レ
              ベルのサブディレクトリが必ず作成されます。

       cvs update
              他の開発者がリポジトリのソースに行った変更を あなた
              の コピーに取り込みたいと思ったときに、あなたの私的
              なソースのディレクトリの中で このコマンドを実行して
              下さい。

       cvs add file...

       cvs commit file...
              あ なたの変更をソースリポジトリに取り込むことで、他
              の開発者へ変更結果を ``公開'' したいときに、この コ
              マンドを使います。


オプション

       cvs のコマンドラインには cvs_optionsを含めることができ、こ
       れは cvs プログラム全体に適 用 さ れ ま す。   ひ と つ の
       cvs_command がソースリポジトリへの特定の動作を指定します。
       そして cvs_command の動作を完全に指定 す る た め に  com-
       mand_optionscommand_arguments とを含めることができま
       す。

       警告: cvs_commandとオプションの相対的な位置関係に正確さ を
       期 さ な け れ ば な り ま せ ん。なぜなら同じオプションが
       cvs_options の位置 ( cvs  コ マ ン ド の 左 側)   と  com-
       mand_options の位置 ( cvs コマンドの右側) のいずれに置かれ
       るかで異なる意味を持つ可能性があるためです。

       cvs_commandを省略できる状況が2つだけあります: `cvs -H'  ま
       た は  `cvs --help' は利用可能なコマンドの一覧を引き出しま
       す、そして `cvs -v' または `cvs --version' は cvs それ自身
       のバージョン情報を表示します。



CVS OPTIONS

       リ リース 1.6 現在、 cvs は、短いオプションと共に GNU スタ
       イルの長いオプションもサポートします。現在はまだ 2, 3 の長
       いオプションしかサポートされておらず、それらは同じ意味を持
       つ短いオプションの後ろにかぎ括弧で囲んで示されています。

       以下のオプションは cvs プログラムの全体的な制御に使います:

       -H [ --help ]
              指定された cvs_command の用法を表示します (が、コマ
              ンドの実行は行いません)。コマンド名を指定しな い と
              `cvs -H' は利用可能な全コマンドの要約を表示します。

       -Q     はコマンドを 真に寡黙にします。コマンドは深刻な問題
              についてのみ出力を行います。

       -q      はコマンドをいくぶん静かにします。サブディレクトリ
              を再帰的に移動する際の報告のような通知的なメッセ ー
              ジが抑制されます。

       -b bindir
              RCS   プ ロ グ ラムが置かれているディレクトリとして
              bindir を使います (CVS 1.9 およびそれ以前)。環境 変
              数  RCSBIN の設定より優先されます。これは絶対パス名
              で指定しなければなりません。

       -l     コマンドヒストリに cvs_command のログを取りません (
              しかし実行はします)。コマンドヒストリに関する情報に
              ついては history コマンドの説明を参照して下さい。

       -n     いかなるファイルも変更しません。 cvs_commandを実 行
              し ようとしますが、経過報告のみを行います。ファイル
              への削除、更新やマージのいずれも行いませんし、新 し
              いファイルも作成しません。

       -t      プ ログラムの実行をトレースします。 cvs の動作のス
              テップを示すメッセージを表示します。不慣れなコマ ン
              ド の影響の可能性を調べるのに -n との組み合わせで特
              に有用です。

       -r     新しい作業ファイルを読み出し専用にします。環境変 数
              CVSREAD   が セットされている場合と同じ効果を持ちま
              す。

       -R     読み出し専用リポジトリモードをオンにします。これ に
              より、 anoncvs サーバ上などの読み出し専用リポジトリ
              からのチェックアウトや、 CDROM 上のリポジトリからの
              チェックアウトが可能になります。環境変数 CVSREADON-
              LYFS がセットされている場合と同じ効果を持ちます。ま
              た、 -R を使用すると NFS を介したチェックアウトが高
              速になります。

       -v [ --version ]
              cvs のバージョンと著作権情報を表示します。

       -w     新しい作業ファイルを読み書き可能にします (デフォ ル
              ト です)。環境変数 CVSREAD がセットされていても無視
              します。

       -g     強制的に、グループ書き込み権限を作業ファイルに付 加
              し ます。典型的には、単一のチェックアウトされたソー
              スツリーを複数ユーザで共有する場合にこのオプショ ン
              を使用し、各ユーザがより安全な umask でシェルを使用
              できるようにします。この機能を使用するた め に は、
              チェッ クアウトするソースツリーを格納するディレクト
              リを作成し、本ディレクトリのグループをプライベー ト
              グ ループに設定し、本ディレクトリ下のファイルがディ
              レクトリのグループ ID を継承するよ う に し ま す。
              FreeBSD  では自動的に、ファイルはディレクトリのグル
              ープ ID を継承します。 SysV では、典型的に は  SGID
              ビッ ト を ディ レ クトリに設定する必要があります。
              チェックアウトしたツリーを共有するユーザは、この グ
              ル ープに含まれる必要があります。単一のチェックアウ
              トされたソースツリーを共有するということは、共通 の
              CVS   リ ポジトリに複数ユーザのアクセスを許すことと
              まったく異なることに注意してください。共通の CVS リ
              ポ ジトリへのアクセスは、共有グループ書き込み権限に
              よって既に実現されており、本オプションを必要とし ま
              ファイルをネットワーク経由でやりとりする際、圧縮 レ
              ベル compression-levelgzip を使い、やりとりする
              データの圧縮と伸長を行います。リンクの両 端 で  GNU
              gzip プログラムがその時点でのサーチパス中に存在する
              必要があります。


使用法

       `cvs -H'で全般のヘルプを要求する場合を除き、行いたい特定の
       リ リ ー ス 制 御機能を選択するために、 cvs に対して一つの
       cvs_command を指定しなければなりません。各 cvs コマンド は
       それ自身のオプションと引数の集まりを受け付けます。しかしな
       がら、多くのオプションが複数のコマンドに渡って利用可 能 で
       す。 -H オプションをコマンドと共に指定することで、各コマン
       ドの使用法のまとめを表示することができます。


CVS のスタートアップファイル

       通常、CVS は起動時にユーザのホームディレクトリから  .cvsrc
       というファイルを読み込みます。この起動時の手続きは -f フラ
       グで止めることができます。

       .cvsrc ファイルには CVS コマンドに引数リストを付けて、1 行
       に  1 つのコマンドを並べます。例えば .cvsrc に以下のように
       書くと:

       diff -c

       `cvs diff' コマンドには常にコマンドラインで指定されたオ プ
       ションに加えて -c オプションが渡されるという意味になります
       (この場合 `cvs diff' を実行すると 全てに お い て  context
       diff 形式が生成されるという効果を持ちます)。

       大域的なオプションは、cvs キーワードを使用して指定します。
       例えば次の

       cvs -q

       は、大域的オプション -q が指定されたかのように全 `cvs'  コ
       マンドが動作することを意味します。


CVS COMMAND のまとめ

       以下は全 cvs コマンドの解説を要約したものです:

       add     新しいファイルまたはディレクトリをリポジトリに追加
              します。ファイルについては追加を同ファイルに対す る
              `cvs  commit'   が行われるまで待ちます。以前に `cvs
              checkout' を行うことで作成されたソースの中からの み
              実行可能です。新しいソース階層の全体を cvs の制御下
              に置くには `cvs import' を使って下さい。 (リポジ ト
              リ を直接に変更するものではありません。作業ディレク
              トリを変更します。)

       admin  ソースリポジトリに対して制御コマンドを実行します。(
              変更しません。)

       export サイトからの出荷のための一揃いのソースファイルの コ
              ピーを用意します。 `cvs checkout' と違い cvs 管理の
              ためのディレクトリが作られず (そしてそのた め  `cvs
              export' で作成されたディクトリから `cvs commit'を行
              うことはできません)、シンボリックタグが指定されなけ
              ればなりません (リポジトリを変更しません。 作業ディ
              レクトリに似たディレクトリを作成します)。

       history
              ソースリポジトリの特定のファイルまたはディレクト リ
              に あ なたや他の人が実行した cvs コマンドを表示しま
              す。(リポジトリも作業ディレクトリも変更しませ ん。)
              ヒ ストリログは `$CVSROOT/CVSROOT/history' ファイル
              が作成されることで有効になった場合にのみ記録され ま
              す。 cvs(5) を参照して下さい。

       import  外部で行われた更新内容を ``ベンダブランチ'' として
              ソースリポジトリに取り込みます。(リポジトリを変更し
              ます。)

       init   CVSROOT  サブディレクトリとデフォルトの制御ファイル
              を追加することで、リポジトリを初期化します。リポ ジ
              ト リを使用する前に、本コマンドを使用するか、他の方
              法でリポジトリを初期化する必要があります。

       log    ログ情報を表示します。 (リポジトリも作業ディレク ト
              リも変更しません。)

       rdiff   リ ポジトリの中の 2 つのリリースの間の差分の集合を
              パッチファイルとして用意します。(リポジトリも 作 業
              ディレクトリも変更しません。)

       release
              `cvs  checkout'をキャンセルし、全ての変更を捨て去り
              ます。 (作業ディレクトリを削除できます。 リポジトリ
              は変更しません。)

       remove  ソースリポジトリからファイルを削除します、そのファ
              イルに `cvs commit' が実行されるまで保留されます。(
              直 接リポジトリには影響しません。作業ディレクトリを
              変更します。)

       rtag   ソースリポジトリの特定のリビジョンのファイルに明 示
              的 にシンボリックタグを指定します。 `cvs tag'も参照
              して下さい。 (リポジトリを直接変更します。作業 ディ
              レクトリは必要なくまた変更もしません。)

       status  現在のファイルの状態を表示します: 最新バージョン、
              作業ディレクトリのファイルのバージョン、作 業 バ ー
              ジョンが編集されたかどうか、オプションで RCS ファイ


共通の COMMAND OPTIONS

       こ の節では複数の cvs コマンドで使用できる command_options
       について説明します。必ずしも全てのコマンドがこれら全てのオ
       プ ションをサポートしているわけではありません。 コマンドの
       各オプションは、それが意味を成すコマンドでのみサポートされ
       ます。しかしながら、コマンドがそれらのオプションのひとつを
       持つとき、他のコマンドでもそのオプションが同じ意味を持つと
       考えて差し支えありません。 (個々のコマンドと共に列挙してあ
       る別のオプションはある cvs コマンドと別のコマンドで異な る
       意味を持つかもしれません。) 注意: history コマンドは例外で
       す。このコマンドは、これら標準のオプションとも衝突するたく
       さんのオプションをサポートしています。

       -D date_spec
              date_spec  以前のものの中で最も最近のリビジョンを使
              います (単独の引数で、日時の表記は過去の日時を指 定
              し ま す)。多種多様な日時のフォーマットが、特に ISO
              ("1972-09-24 20:05") または Internet ("24 Sep  1972
              20:05")  がサポートされます。特定のタイムゾーンが指
              定されていなければ、date_spec はローカルタイムゾ ー
              ン で解釈されます。ソースファイルの個人的なコピーを
              作るときに使うと、指定は ``sticky'' となります。 つ
              ま り、-D を使って作業ファイルを取り出すと、 cvs は
              指定された日時を記録します。これは同じディレクト リ
              で のその後の update で同じ日時を使うようにするため
              です (これを明示的に無効にするよう指定していない 場
              合 に限ります。 update コマンドの説明を参照して下さ
              い)。 -Dcheckout, diff, history, export, rdiff,
              rtag, update コマンドで有効です。有効な日時指定には
              以下のようなものがあります:
                        1 month ago
                        2 hours ago
                        400000 seconds ago
                        last year
                        last Monday
                        yesterday
                        a fortnight ago
                        3/31/92 10:00:07 PST
                        January 23, 1987 10:05pm
                        22:00 GMT

       -f     cvs コマンドに特定の日時かタグを指定した場合、通 常
              は 指定したタグを含まない (または指定した日時に存在
              しなかった) ファイルを無視します。一致するタグま た
              は 日時が存在しなくてもファイルを取り出したいときは
              -f オプションを使います。 (その場合、最も新しいバー
              ジョンが使われます。) -f は以下のコマンドで使用でき
              ます: checkout, export, rdiff, rtag, update

       -k kflag
              デフォルトのキーワード処理を変更します。 -k   オ プ

       -l      ローカル; サブディレクトリを再帰的に処理するのでは
              なく、現ディレクトリでのみ実行します。以下のコマ ン
              ド で 使用できます: checkout, commit, diff, export,
              remove, rdiff, rtag, status, tag, update 注意: これ
              は  cvs コマンドの 左に指定することのできる、全体に
              作用する `cvs -l' オプションとは違います!

       -n     checkout/commit/tag/update のいずれのプログラムも
              実 行 し ません。 (プログラムはそれぞれの動作中にモ
              ジュールデータベースで実行することを指定される可 能
              性 が あり、このオプションはこれをバイパスします。)
              checkout, commit, export, rtag コマンドで利用できま
              す。 警告: これは cvs コマンドの 左側に指定できる、
              全体に作用する `cvs -n' オプションと同じではあり ま
              せん。

       -P     checkoutupdate によって更新されたことで空になっ
              た余分なディレクトリを取り除きます (すなわち削除 し
              ます)。通常は、空のディレクトリ (リビジョン管理され
              たファイルを含まないもの) は残されます。 -P を指 定
              す ると、チェックアウトしたソースからそういったディ
              レクトリを黙って削除します。これはリポジトリから は
              ディ レクトリを削除しません。あなたがチェックアウト
              したコピーから削除するだけです。このオプションは -r-D オプションが checkoutexportで指定された場
              合に暗黙のうちに指定されることに注意して下さい。

       -p     リポジトリから取り出されたファイルを、カレント ディ
              レ クトリに書き込むのではなく、標準出力へパイプしま
              す。 checkoutupdate コマンドで使用できます。

       -r tag デフォルトの ``head'' リビジョンの代わりに引数  tag
              で指定されたリビジョンを使います。 tagrtag コマ
              ンドで付けられた任意のタグと共に、常に 2 つの特別な
              タグが使用できます: `HEAD' はリポジトリ中で最も新し
              い有効なバージョンを指し、そして `BASE' はカレン ト
              の 作 業 ディレクトリに最後にチェックアウトしたリビ
              ジョンを指します。

              このオプションを `cvs checkout' か `cvs update'  で
              ファイルのコピーを作成するときに使うと、 tag の指定
              は ``sticky'' です: cvstag を記憶し て 以 降 の
              update コマンドでも、他のものを指定するまで、それを
              使い続けます。 tag としてはシンボリックまたは番号に
              よるものが使用できます。 RCS ファイルが指定されたタ
              グを含んでいないときに警告メッセージを抑止するた め
              全体に作用する -q オプションをコマンドオプション -r
              と一緒に指定すると便利な場合が多くあります。 -rcheckout,  commit,  diff,  history,  export, rdiff,
              rtag, update コマンドで使用できます。 警告: これ は
              cvs   コ マンドの 左側に指定し、全体に作用する `cvs
              -r' オプションと同じではありません。
                 に、いくつかのコマンドはリポジトリを 変更し 、い
                 くつかは作業ディレクトリを変更し、いくつかは何の
                 変更も行いません。

           同義語
                 多くのコマンドには同義語があります。同義語は正式
                 な 名前よりも覚えやすい (あるいはタイプしやすい)
                 と感じることでしょう。


       add [-k kflag] [-m 'message'] files...
              以下が必要: リポジトリ、作業ディレクトリ。
              以下を変更: 作業ディレクトリ。
              同義語: new
              add コマンドを使ってソースリポジトリに新しいファ イ
              ルまたはディレクトリを作成します。 add で指定される
              ファイルまたはディレクトリは、すでにカレントディ レ
              ク トリ ( checkout コマンドで作成されたディレクトリ
              でなければなりません) に存在しなければなりませ ん。
              新 しいディレクトリ階層の全体をソースリポジトリに追
              加する (例えば、サードパーティのベンダから受け 取っ
              た ファ イル群のような) には、代わりに `cvs import'
              コマンドを使います。

              `cvs add' の引数が直下のサブディレクトリを指して い
              る なら、そのディレクトリがソースリポジトリの現位置
              に作成され、必要な cvs 管理ファイルが作業ディレクト
              リ に作成されます。ディレクトリがすでにソースリポジ
              トリに存在した場合でも、 `cvs add' はあなたの バ ー
              ジョ ンのディレクトリに管理ファイルを作成します。こ
              れによって、あなたがソースを checkout した後に誰 か
              他の人がディレクトリを作っていても `cvs add' でその
              ディレクトリをあなたの私的なソースに作成すること が
              可能になります。以下のようにすることができます:

                        example% mkdir new_directory
                        example% cvs add new_directory
                        example% cvs update new_directory

              `cvs update' を使った別のアプローチもあります:

                        example% cvs update -d new_directory

              (新しく できた ディレクトリをあなたの作業ディレクト
              リに追加するには、おそらく `cvs checkout'  か  `cvs
              update -d'を使用する方が簡単でしょう。)

              `cvs commit' で変更が恒久的なものとされるまで、追加
              されたファイルはソースリポジトリには置かれませ ん。
              `cvs  remove'  コマンドで削除されたファイルに対して
              `cvs add' を行うと、間で `cvs commit' コマンドが 実
              行されていなければファイルが復活します。

       admin [rcs-options] files...
              以下が必要: リポジトリ、作業ディレクトリ。
              以下を変更: リポジトリ。
              同義語: rcs
              これは rcs(1) に似た管理機構と対応する cvs のインタ
              フェースです。なんのフィルタや変換も行いません。 し
              か しながら、このコマンドは再帰的に働きます。よって
              使用には特別な注意を払わなければいけません。

       checkout [options] modules...
              以下が必要: リポジトリ。
              以下を変更: 作業ディレクトリ。
              同義語: co, get
              modulesで指定されたソースファイルのコピーを持つ作業
              ディレクトリを作成します。他の大部分の cvs コマンド
              は作業ディレクトリに作用するものなので、これらを 使
              う前に `cvs checkout' を実行しなくてはなりません。

              modules  はいくつかのソースディレクトリとファイルを
              集めたものに対するシンボル名 (それ自体は  `modules'
              と いうモジュールとしてソースリポジトリに定義されて
              います。 cvs(5) 参照) か、あるいはリポジトリ中で の
              ディレクトリまたはファイルへのパス名です。

              指定した modules に応じて、 checkout は再帰的にディ
              レクトリを作成して適切なソースファイルで満 た し ま
              す。その後はいつでも、(他のソフトウェア開発者達がソ
              ースの彼らの分のコピーを編集しているかどうかを気 に
              す ることなく) これらのソースファイルを編集したり、
              他の人によってソースリポジトリに行われた新しい変 更
              を 取り込むためにこれらを更新 (update) したり、あな
              たの作業を恒久的な変更としてリポジトリに登録  (com-
              mit) することができます。

              checkout はディレクトリの作成に使われることに注意し
              て下さい。作成されるディレクトリのトップレベルは 常
              に  checkout が起動されたディレクトリに追加され、そ
              して通常、指定された moduleと同じ名前を持ち ま す。
              module がエイリアスの場合は、作成されたサブディレク
              トリは違う名前を持つかもしれませんが、それ が サ ブ
              ディ レクトリであること、そして checkout はファイル
              が私的な作業領域に取り出される際に各ファイルへの 相
              対 パスを表示すること (全体に作用する -Q オプション
              を指定していなければ) は当てにできます。

              すでに以前の checkout で作成されているディレクト リ
              で  `cvs checkout' を実行することも許されています。
              これは以下で説明する update コマンドに -d オプ ショ
              ンを指定するのと同じ効果を持ちます。

              `cvs  checkout' で使える options は以下の標準のコマ
              -j branch オプションはベースとなったリビジョン と、
              そ こから変更された結果のリビジョンとの差分をマージ
              します (例えば、もしタグがブランチを指していると き
              は、 cvs は、そのブランチで行われた全ての変更を作業
              ファイルにマージします)。

              2 つの -j オプションを指定すると、 cvs は 2 つの 各
              々 のリビジョン間での変更をマージします。これは特定
              の差分を作業ファイルから ``削除'' するために使う こ
              とができます。

              加 えて、各 -j オプションをブランチで使う場合に必要
              であれば日時指定を加えることができ、選択す る リ ビ
              ジョ ンを指定した日時以内に制限できます。日時を加え
              る場合はタグにコロン (:) を付けて指定します。例とし
              て は `cvs import' でローカルな変更と衝突する部分の
              あるソースを import するときに実行するように指示 さ
              れるコマンドがあります:

                        example% cvs checkout -jTAG:yesterday -jTAG module

              -N オプションと `-d dir' を指定することで作業ディレ
              クトリでモジュールのパスが短縮されるのを防げます。(
              通常、明示的に対象ディレクトリを指定すると cvs はな
              るべくパスが短くなるようにします。)

              -c オプションで、作業ディレクトリのファイルやディレ
              ク トリに作成や変更を行う代わりに、モジュールファイ
              ルをソートしたものを標準出力にコピーします。

              -d dir オプションで、モジュール名ではなく、 dir  で
              指 定した名前のディレクトリを作業ファイルのために作
              成します。 -N を一緒に指定しない場合は、dir の下 に
              作成されるパスは可能な限り短くなります。

              -s オプションを使って -s オプションでモジュールファ
              イルに格納されたモジュール単位のステータス情報を 表
              示します。

       commit  [-lnR]  [-m 'log_message' | -f file] [-r revision]
       [files...]
              以下が必要: 作業ディレクトリ、リポジトリ。
              以下を変更: リポジトリ。
              同義語: ci
              作 業ディレクトリでの変更を共有のソースリポジトリに
              組み込むにときには `cvs commit' を使います。

              コミットする対象となる files を指定しない場合、現在
              の 作 業 ディレクトリ中の全ファイルが調べられます。
              commit はあなたが本当に変更したファイルだけを慎重に
              リ ポジトリで変更します。デフォルトでは (または明示
              的に -R オプションを指定した場合)、サブディレクトリ

              全てがうまくいくと、ログメッセージを入力するため に
              エ ディタが呼び出されます。ログメッセージは一つかそ
              れ以上のログを取るプログラムに書き込まれてソース リ
              ポ ジトリのファイルに置かれます。代わりにコマンドラ
              インで -m オプションと共にログメッセージを指定 し、
              エディタの呼び出しを抑制することができます。また -F
              オプションで引数の file にログメッセージが含まれ て
              いることを指示することもできます。

              -r オプションで特定のシンボリックまたは番号で指定さ
              れるリビジョンとしてコミットできます。例 え ば、 全
              ファイルをリビジョン ``3.0'' に上げる (変更されてい
              ないものも含めて) には、以下のようにします:

                        example% cvs commit -r3.0

              cvs はメインの幹上のリビジョン (ドットが 1 つのリビ
              ジョン) へのコミットのみ許します。しかしながら、 -r
              オプションでブランチ上のリビジョン (偶数個のドッ ト
              を もつリビジョン) へコミットすることもできます。ブ
              ランチとなるリビジョンを作成するには、通常 rtag  ま
              た は  tag コマンドの -b オプションを使います。その
              後、 checkout または update のいずれかでソースの ベ
              ー スを新しく作成したブランチにすることができます。
              それ以降、それらの作業ファイルで行われた全ての com-
              mit  される変更点は自動的にブランチのリビジョンに追
              加され、それによって主たる開発ラインが混乱させら れ
              る ことはありません。例をあげると、製品のバージョン
              1.2 へのパッチを作成しなければならなくなったとす る
              と、バージョン 2.0 がすでに開発中だったとしても、以
              下のようにできます:

                        example% cvs rtag -b -rFCS1_2 FCS1_2_Patch product_module
                        example% cvs checkout -rFCS1_2_Patch product_module
                        example% cd product_module
                        [[ hack away ]]
                        example% cvs commit

              極めて実験的なソフトウェアを開発しているとして、 前
              の 週にチェックアウトしたなんらかのリビジョンをベー
              スにしているとします。あなたのグループの別の人が こ
              の ソフトウェアであなたと一緒に作業したいが、主たる
              開発ラインの邪魔はしたくないと考えたなら、あなた は
              あ なたの変更点を新しいブランチにコミットすると良い
              でしょう。すると別の人はあなたの実験 的 な 変 更 を
              チェックアウトして cvs の衝突解決機能を最大限に利用
              することができます。シナリオは以下のようになります:

                        example% cvs tag -b EXPR1
                        example% cvs update -rEXPR1
                        [[ hack away ]]-r で比較の対象となるリビジョンを指定することも
              できます。最後に、 -r を 2 回 使うと、リポジトリ の
              2  つのリビジョン間の差分を取ることができます。過去
              のリビジョンとの差分を取るために -D オプションを 指
              定 することもできます。 -r-D オプションは常に指
              定された中で 2 つまでを組み合わせられます。

              他の使用可能なオプションについては rcsdiff(1) を 参
              照して下さい。

              ファ イルを何も指定しないと、 diff は現ディレクトリ
              (そして、標準オプション -lを指定していなければそ の
              サ ブディレクトリ) の全てのファイルについて、ソース
              リポジトリの対応するリビジョンと異なっているもの  (
              つまり あなたが変更したファイル) または指定されたリ
              ビジョンと異なっているものについて、その差分を表 示
              します

       export  [-flNnQq]  -r rev|-D date [-d dir] [-k kflag] mod-
       ule...
              以下が必要: リポジトリ。
              以下を変更: 現ディレクトリ。
              こ のコマンドは `cvs checkout'の一種です。 cvs の管
              理ディレクトリを持たない module のソースのコピー が
              必 要なときに使います。例えば、サイト外にソースを出
              す準備をするために `cvs export' を使うことができ ま
              す。 このコマンドでは日付またはタグを指定することが
              必要 です。 (-D または -r によって)。それによって出
              荷したソースを確実に再構成できるようになります。

              標準でないオプションは `-d dir' (ソースをディレクト
              リ dir に書き込みます) と `-N' (モジュールパスを 短
              縮しません) のみです。これらは `cvs checkout'の同名
              のオプションと同じ意味を持ちます。

              export が使われるときは -kv オプションが有用で す。
              これによってキーワードが、どこか別のサイトで import
              が行われたときにリビジョン情報が失われないような 形
              に 展 開 さ れ るようになります。他の kflag を `cvs
              export' で使用することもできます。その説明は  co(1)
              にあります。

       history [-report] [-flags] [-options args] [files...]
              以下が必要: `$CVSROOT/CVSROOT/history'ファイル。
              以下を変更: 何も変更しません。
              cvs  はヒストリファイルを管理しており、各 checkout,
              commit, rtag, update, release コマンドの使用を記 録
              し ま す。 `cvs history' を使って、この情報を色々な
              フォーマットで表示することができます。

              警告: `cvs history' は `-f', `-l', `-n', `-p' を 共
              通 の COMMAND OPTIONSでの説明とは異なる意味に使用し

             -T  全てのタグについてレポートします。

             -x type
                 特定のレコードタイプ X のセットを cvs ヒストリか
                 ら取り出します。タイプは 1文字で表され、組み合わ
                 せて指定できます。以下のコマンドは単一のレコード
                 タイプを持ちま す:  checkout  ( タ イ プ  `O')、
                 release (タイプ `F')、rtag (タイプ `T')。 update
                 は 4 つのレコードタイプのうちの 1 つになりま す:
                 `W' は作業用のファイルのコピーが update で (それ
                 がリポジトリから無くなっていたために) 削除された
                 場合です; `U' は作業ファイルがリポジトリからコピ
                 ーされた場合です; `G' は必要なマージが無事に終っ
                 た場合です; 'C' はマージが必要だが衝突が検出され
                 た場合 (手動でのマージが必要な場合)   で す。 ま
                 た、commit  では 3つのレコードタイプのうちの 1つ
                 になります: `M' はファイルが変更された場合;  `A'
                 はファイルが最初に追加された場合; `R' はファイル
                 が削除された場合です。

             -e  全て (全レコードタイプ); 以下を指定するのと等 価
                 です。 `-xMACFROGWUT'

             -z zone
                 ヒストリレコードを出力する際に zone で指定された
                 タイムゾーンを使います。 LT というゾーン名はロー
                 カルタイムの意味になります。数値によるオフセット
                 は時分での UTC との時差を意味します。 例 え ば、
                 +0530 は 5 時間と 30 分だけ UTC より前 (つまり東
                 側) の意味になります。

            -flags と書かれた部分のオプションは、レポートする範囲
            を絞ります。引数の指定はありません。

             -a  全てのユーザのデータを表示します (デフォルトでは
                 `cvs history'を実行しているユーザのみのデータ を
                 表示します)。

             -l  最後の変更のみ表示します。

             -w  `cvs history' が実行されているのと同じ作業ディレ
                 クトリから行われた変更に関するレコードのみを表示
                 します。

            -options  args と書かれた部分のオプションは引数に基づ
            いてレポート範囲を絞ります:

             -b str
                 文字列 str をモジュール名、ファイル名、リポジ ト
                 リ パ スのいずれかに含むレコードに戻って表示しま
                 す。

             -t tag
                 tag で指定されるタグがヒストリファイルに最後に追
                 加されてからのレコードを表示します。このオプショ
                 ン は、 RCS ファイルではなくヒストリファイルのみ
                 参照する点で上記の -r フラグと異なり、より高速で
                 す。

             -u name
                 name で指定されるユーザのレコードを表示します。


       import [-options] repository vendortag releasetag...
              以 下 が 必要: リポジトリ、ソース配布物のディレクト
              リ。
              以下を変更: リポジトリ。
              `cvs import' を使うことで外部の供給元 (例えばソース
              ベ ンダ) からのソース配布物全体をあなたのソースリポ
              ジトリのディレクトリへ取り込めます。最初のリポジ ト
              リ の作成と、外部の供給元からのモジュールへの大規模
              な更新の両方にこのコマンドを使うことができます。

              引数 repository で CVS ルートディレクトリ下のリポジ
              ト リ 用ディレクトリ名 (またはディレクトリへのパス)
              を与えます。もしディレク ト リ が 存 在 し な い な
              ら、import が作成します。

              あ なたのソースリポジトリで (前回の import から) 変
              更されたソースへの更新に import を使った場合、開 発
              の 2 本のブランチで衝突しているファイルについて警告
              します。 import が指示するよう に、  `cvs  checkout
              -j' を使って差分を調整できます。

              デフォルトでは、ある種のファイル名が `cvs import'で
              無視されます: CVS 管理、または他の一般的なソース 管
              理 システムに関連する名前; パッチファイル、オブジェ
              クトファイル、アーカイブファイル、エディタのバッ ク
              アッ プファイルのための一般的な名前; そして雑多なユ
              ーティリティの加工品であることを示すその他の名 前。
              無 視されるファイルのリストの最新については、 (この
              マニュアルページの関連項目の節に記述してあるように)
              Cederqvist 著のマニュアルを参照して下さい。

              外 部からのソースは第一レベルのブランチ、デフォルト
              では `1.1.1'に保存されます。以降の更新は このブラン
              チ のリーフになります。例えば、最初に import したソ
              ース集合からのファイルはリビジョン  `1.1.1.1' に な
              り、 次 の  import による更新でファイルはリビジョン
              `1.1.1.2'になり、以下同様に続きます。

              最低で 3 つの引数が必要です。ソースの集合を識別する
              た めに repository が必要です。vendortag はブランチ

              `-b  branch' を使って第一レベルのブランチを `1.1.1'
              以外に指定できます。

              `-I name' を使って import 中に無視されるべきファ イ
              ル 名を指定できます。このオプションは繰り返して指定
              できます。いかなるファイルも無視されない (デフォ ル
              トで無視されるものでも) ようにするには、 `-I !'と指
              定します。

       log [-l] rlog-options [files...]
              以下が必要: リポジトリ、作業ディレクトリ。
              以下を変更: 何も変更しません。
              同義語: rlog
              files のログ情報を表示します。 rlog のオプション の
              中 でも有用なものとしては、次のものがあります: ヘッ
              ダ (タグの定義を含むが、ログの大部分は省略さ れ る)
              の み表示する -h ; 特定のリビジョンまたはリビジョン
              の範囲でログを選択する -r; そして特定の日時または時
              刻 の 範 囲 を 選択する -d があります。完全な説明は
              rlog(1) を参照して下さい。このコマンドは -l   オ プ
              ショ ンが指定されていなければ、デフォルトで再帰的に
              働きます。

       rdiff [-flags] [-V vn] [-r t|-D  d  [-r  t2|-D  d2]]  mod-
       ules...
              以下が必要: リポジトリ。
              以下を変更: 何も変更しません。
              同義語: patch
              2 つのリリース間の patch(1) ファイルを  Larry  Wall
              氏のフォーマットで作成します。それは直接 patch プロ
              グラムに入力できるもので、古いリリースを新しいリ リ
              ー スに更新するために使えます。 (これは直接リポジト
              リを参照するため、これに先立って checkout する必 要
              の な い、数少ない cvs コマンドのうちの 1 つです。)
              差分出力は標準出力デバイスに送られます。 (標準の -r-D オプションを使って) 1 つまたは 2 つのリビジョ
              ンまたは日時の任意の組み合わせを指定できます。も し
              リビジョンまたは日時が 1 つしか指定されないと、その
              リビジョンまたは日時とその時点での RCS ファイ ル の
              ``head'' リビジョンの差分がパッチファイルに反映され
              ます。

              もしソフトウェアリリースへの影響が複数ディレクト リ
              に わたるなら、古いソースにパッチを当てる際、 patch
              が他のディレクトリに置かれたファイルを見つけられ る
              ように、 -p オプションを patch コマンドに指定する必
              要があるかもしれません。

              標準オプションの flags -f-l がこのコマンドで利 用
              可 能です。他にもいくつかの特別なオプションフラグが
              あります:

              希望するなら、 -c を使って明示的に `diff -c' 形式の
              文脈差分を指定できます (こちらがデフォルトです)。

       release [-dQq] modules...
              以下が必要: 作業ディレクトリ。
              以下を変更: 作業ディレクトリ、ヒストリログ。
              このコマンドは `cvs checkout'' の効果を安全にキャン
              セルすることになっています。 cvs はファイルをロック
              し ないので、厳密にはこのコマンドを使用する必要はあ
              りません。単に作業ディレクトリを削除しても構いま せ
              ん。 しかし忘れているかも知れない変更を失う危険があ
              り、そして cvs ヒストリファイルには捨ててし まっ た
              チェックアウトの記録は残りません。

              `cvs  release' を使うとこれらの問題を回避できます。
              このコマンドは以下の点をチェックします: コミット さ
              れていない変更が存在しないこと、 cvs の作業ディレク
              トリの直上または内部から実行していること、ファイ ル
              が 記録されたリポジトリがモジュールデータベースに定
              義されたリポジトリと同じであること、です。

              これらの条件が全て真なら `cvs release' は その実 行
              記 録 (意図的にチェックアウトを削除した証拠) を cvs
              のヒストリログに残します。

              -d フラグを使ってソースの作業用コピーを release  が
              成功したら削除するように指示できます。

       remove [-lR] [files...]
              以下が必要: 作業ディレクトリ。
              以下を変更: 作業ディレクトリ。
              同義語: rm, delete
              こ のコマンドを使って、files をソースリポジトリから
              削除するつもりであることを宣言できます。大 部 分 の
              cvs  コマンドがそうであるように、 `cvs remove' は作
              業ディレクトリのファイルに作用し、リポジトリには 直
              接 に は 作用しません。安全機構として、まず指定する
              ファイルを作業ディレクトリから削除することも必要 に
              なっています。

              リ ポジトリに commit で変更を反映するまで、ファイル
              は実際には削除されません。 commit した時点で、ソ ー
              ス リポジトリの対応する RCS ファイルが `Attic' ディ
              レクトリ (これもソースリポジトリの中です) に 移動さ
              れます。

              こ のコマンドはデフォルトで再帰的になっており、物理
              的に削除された全てのファイルが次の commit での削 除
              さ れるようにスケジュールします。 -l オプションを使
              うか、または実際に削除したいファイルのみを指定す る
              ことで、この再帰を抑制できます。
              一 般 に、 タグ (しばしばソフトウェア配布物のシンボ
              リックな名前でもある) は削除されるべきではありま せ
              ん。 しかし完全に廃れてしまったシンボリックな名前を
              削除する場合 (例えば、アルファリリースの場合 な ど)
              の手段として、 -d オプションが用意されています。

              `cvs rtag' はすでに存在するタグを移動しません。しか
              しながら、-F オプションが指定されると `cvs rtag' は
              そ のファイルに既に存在する symbolic_tag のインスタ
              ンスを新しいリポジトリのバージョンへ移動します。 -F
              オ プションが無い場合、 `cvs rtag' を使ってすでにそ
              のファイルに存在するタグを付けようとすると、エラ ー
              メッセージが出力されます。

              -b   オプションはタグを ``ブランチ'' タグにし、並行
              の、独立した開発を可能にします。これは以前にリリ ー
              ス したソフトウェア配布物へのパッチを作成するのに最
              も有用です。

              標準の -r-D オプションを使って、すでに特定の タ
              グ を含んでいるファイルのみにタグを付けることができ
              ます。この方法はタグの名前を変えるのに使えるで しょ
              う:  古いタグで指定されるファイルにのみタグを付け、
              それから古いタグを削除すれば、確実に同じファイル で
              古いタグを新しいタグで置き換えることができます。

              rtag   はデフォルトで再帰的に実行し、引数で指定した
              modules の全てのサブディレクトリにタグをつけま す。
              こ の動作をトップレベルのディレクトリに制限するには
              標準の -l オプションを指定します。 また明示的に再帰
              を指定するには -R を指定します。

              モ ジュールデータベースではタグが指定されたときに必
              ず実行されるプログラムを指定できます。よくある使 い
              方 は、興味を持っているグループに電子メールを送ると
              いうものです。もしそのプログラムをバイパスしたい 場
              合は、標準の -n オプションを使います。

              -a  オプションを使うと `Attic' の中の指定されたタグ
              を含む削除されたファイルを rtag の対象にできま す。
              タ グはそれらのファイルから削除され、開発の進展につ
              れてのシンボリックタグの再利用に便利になります ( そ
              してファイルは以降の配布物から削除されます)。

       status [-lRqQ] [-v] [files...]
              以下が必要: 作業ディレクトリ、リポジトリ。
              以下を変更: 何も変更しません。
              files   の現在の状態について、``sticky'' なタグ、日
              付、-k オプションを含む、ソースリポジトリに関する簡
              潔 なレポートを表示します。(``sticky'' オプションは
              リセットするまで `cvs update' がどう働くかを規定 し
              ます。 `cvs update -A...'の説明を参照して下さい。)

       tag [-lQqR] [-F] [-b] [-d] [-r tag | -D  date]  [-f]  sym-
       bolic_tag [files...]
              以下が必要: 作業ディレクトリ、リポジトリ。
              以下を変更: リポジトリ。
              同義語: freeze
              このコマンドは、作業ディレクトリに最も近いリポジ ト
              リ のバージョンにシンボリックタグをつけるために使い
              ます。rtag を使ったときのように、タグはリポジトリに
              直接つけられます。

              タ グの使い方の一つは、プロジェクトのソフトウェア凍
              結日がやってきたときに開発中のソースの ``snapshot''
              を 記録するというものです。凍結した日の後でバグが修
              正されたら、それらの変更されたリリースの一部とな る
              ソースのみに再度タグをつける必要があります。

              シ ンボリックタグはどのファイルのどのリビジョンがソ
              フトウェア配布物を作成する際に使われたかを恒久的 に
              記 録する意味があります。 checkout, export , update
              コマンドは、タグをつけたリリースと全く同じもの を、
              リ リースのタグがつけられて以降にファイルが変更、追
              加、削除されたかどうかを気にすることなく、将来の い
              つでも取り出すことを可能にします。

              標 準の -r-D オプションを使って、すでに特定のタ
              グを含んでいるファイルのみにタグを付けることがで き
              ま す。この方法はタグの名前を変えるのに使えます。す
              なわち、古いタグで指定されるファイルにのみタグを 付
              け、 それから古いタグを削除すれば、確実に同じファイ
              ルで古いタグを新しいタグで置き換えることが で き ま
              す。

              -r または -D フラグに加えて -f フラグを指定すると、
              コマンドラインで指定したファイルで古いタグを持っ て
              い ないか指定された日時に存在しなかったものにもタグ
              を付けます。

              デフォルト (-r または -D フラグが無い場合) では、バ
              ー ジョンは明示的に指定されるのではなく、暗黙のうち
              に作業ファイルのヒストリの cvs レコードから取られま
              す。

              `cvs tag -d symbolic_tag...' とすると、指定したシン
              ボリックタグが追加されるのではなく 削除されます。警
              告:  タグを削除する前にその根拠をしっかり確認して下
              さい。これは効率的に一部の履歴情報を捨てますが、 後
              に なってその情報が重要だったと判明するかも知れない
              からです。

              `cvs tag' はすでに存在するタグを移動しません。し か
              し ながら、-F オプションが指定されると `cvs tag' は
              そのファイルに既に存在する symbolic_tag のインス タ

       update [-ACdflPpQqR] [-d] [-r tag|-D date] files...
              以下が必要: リポジトリ、作業ディレクトリ。
              以下を変更: 作業ディレクトリ。
              あ なたが共有のリポジトリから私的なソースのコピーを
              作成するために checkout を実行した後も、別の開発 者
              は 共有のソースへの変更を続けるでしょう。時々、開発
              過程で都合のいいときに、作業ディレク ト リ 内 か ら
              update コマンドを使うことで、最後に checkout または
              update してからソースリポジトリに登録された変更を、
              あなたの変更と融合させることができます。

              update  は進行状況をファイルごとに 1 行表示すること
              で知らせ続けます。各行の先頭には以下の `U A R  M  C
              ?'  のいずれか 1 文字があり、ファイルの状態を示して
              います:

       U file    file はリポジトリに関して 最新に なりました。 こ
                 れはリポジトリには存在するがあなたのソースには無
                 いもの、およびあなたは変更していないけれどもリポ
                 ジトリの最新リビジョンでは無いものに関して行われ
                 ます。

       A file    file はソースのあなたの私的なコピーに 追加 さ れ
                 たもので、 file に対して `cvs commit' を実行した
                 ときにソースリポジトリに追加されます。これは当該
                 ファイルを commit する必要があるという助言です。

       R file    これはソースのあなたの私的なコピーから file   が
                 削 除 されており、 file に対して `cvs commit' を
                 実行するとソースリポジトリから削除されることを示
                 します。これは当該ファイルを commit する必要があ
                 るという助言です。

       M file    あなたの作業ディレクトリの file は 変更 されてい
                 ます。 `M' は作業中のファイルについて 2 つの状態
                 のうちの 1 つを示します: リポジトリ中の対応す る
                 ファイルは変更されておらず、あなたのファイルは最
                 後に見たときのままになっている。 または、あな た
                 のコピー同様リポジトリのものも変更されているが、
                 それらの変更は衝突することなく無事にあなたの作業
                 ディレクトリに融合 (merge) されました。

       C file    file  へのあなたの変更とソースリポジトリからの変
                 更との融合を試みる間に 衝突 (conflict) が検出 さ
                 れ ました。現在 file (あなたの作業ディレクトリの
                 コピー) は 2 つのバージョンをマージした 結 果 に
                 なっ ています。変更されていない あなたのファイル
                 のコピーも作業ディレクトリに、  `.#file.version'
                 という名前で置かれます。ここで version は あなた
                 の変更したファイルの出発点となったリビジョ ン で
                 す。  (ある種のシステムでは、  `.#' で始まるファ
                 イルは何日かアクセスされないと自動的に削除される

            れを使い続けます。-A オプションを使って cvs にそれ ら
            の 指 定 を忘れさせることで、ファイルの ``head'' バー
            ジョンを取り出します)。

            -jbranch オプションは、変更結果のリビジョンとベースに
            し たリビジョンの間での変更をマージします (例えば、も
            しタグがブランチを指しているなら、 cvs は、そのブラン
            チ で行われた全ての変更をあなたの作業ファイルにマージ
            します)。

            2 つの -j オプションを指定すると、 cvs は 2 つの それ
            ぞ れのリビジョン間での変更をマージします。これは特定
            の変更を作業ファイルから ``削除'' するのに使えま す。
            例 えば、ファイル foo.c がリビジョン 1.6 をベースにし
            ていて、 1.3 と 1.5 の間で行われた変更を削除したい な
            ら、次のようにします:

                      example% cvs update -j1.5 -j1.3 foo.c   # B>順B>番B>にB>注B>意...

            加 えて、各 -j オプションにはオプションで、ブランチと
            使う場合に、日付指定を含めることが可能で、選択する リ
            ビ ジョ ン を指定した日付の範囲内に制限できます。オプ
            ションの日付はコロン (:) をタグに付けることで指定しま
            す。

                      -jSymbolic_Tag:Date_Specifier

            -d オプションを使うと、もし作業ディレクトリに無いディ
            レクトリがリポジトリにあれば作成します。(通常、update
            は 作業ディレクトリにすでに登録されているディレクトリ
            とファイルのみに働きます。) これは最初の checkout  以
            降 に作成されたディレクトリを更新するのに有用です。し
            かし不幸にも副作用があります。もし作業ディレクトリ を
            作 る際に慎重にリポジトリ中の特定のディレクトリを除い
            た (モジュール名を使ったか明示的に必要なファ イ ル と
            ディレクトリをコマンドラインで指定したかのいずれかで)
            とすると、 -d で更新するとそれらの不要かも知 れ な い
            ディレクトリができてしまいます。

            -I name を使うと、update の際、名前が name に符合する
            (作業ディレクトリの) ファイルを無視します。コマンドラ
            イ ン で -I を 2 回以上指定することで、複数の無視する
            ファイルを指定できます。デフォルトで、update はあるパ
            タ ーンに名前がマッチするファイルを無視します; 無視さ
            れるファイル名の最新リストについては、 (このマニュ ア
            ル ペ ー ジ の 関連項目の節に記述してあるように) Ced-
            erqvist 著のマニュアルを参照して下さい。

            いずれのファイルも無視しないようにするには `-I !'  を
            使います。

            ロ ーカルで修正したファイルを、リポジトリ上のクリーン
              ば `diff -c' と言う行は `cvs diff' に対して、コマン
              ドラインで渡されたオプションに、常に -c オプショ ン
              が加えられて渡されることを指定します。

       .cvswrappers
              リポジトリのファイル CVSROOT/cvswrappers で指定され
              ているものに加えて使用されるラッパを指定します。

       作業ディレクトリのファイル:

       CVS    cvs 管理ファイルのディレクトリ。削除してはいけま せ
              ん。

       CVS/Entries
              作業ディレクトリのファイルのリストと状態。

       CVS/Entries.Backup
              `CVS/Entries'のバックアップ。

       CVS/Entries.Static
              フラグ: `cvs update' でそれ以上エントリを追加しませ
              ん。

       CVS/Root
              チェックアウトしたときのリポジトリ ( CVSROOT ) 位置
              へ の パス名。 CVSROOT 環境変数が設定されていない場
              合、このファイルが代わりに使用されます。このファ イ
              ルの内容と CVSROOT 環境変数が異なっていると警告メッ
              セージが出されます。 CVS_IGNORE_REMOTE_ROOT 環境 変
              数 が設定されていると、このファイルは上書きされるこ
              とがあります。

       CVS/Repository
              ソースリポジトリ中の対応するディレクトリへ の パ ス
              名。

       CVS/Tag
              ディ レクトリ毎の ``sticky'' なタグまたは日付情報を
              保持しています。このファイルは -r-Dcheckout
              ま たは update コマンドに指定して、ファイルが指定さ
              れなかったときに作成/更新されます。

       CVS/Checkin.prog
              `cvs commit'時に実行するプログラム名。

       CVS/Update.prog
              `cvs update'時に実行するプログラム名。

       ソースリポジトリ中のファイル:

       $CVSROOT/CVSROOT
              リポジトリ全体の管理ファイルのディレクトリ。

       CVSROOT/editinfo,v
              `cvs commit' のログエントリの編集/確認用プログラ ム
              を登録します。

       CVSROOT/history
              cvs 処理のログファイル。

       CVSROOT/loginfo,v
              `cvs commit' のログエントリをパイプで渡すプログラム
              を登録します。

       CVSROOT/modules,v
              このリポジトリ中のモジュールを定義します。

       CVSROOT/rcsinfo,v
              `cvs commit' 操作中に使用するテンプレートへのパス名
              を登録します。

       CVSROOT/taginfo,v
              `cvs tag' と `cvs rtag' での確認/ログ採集のためのプ
              ログラムを登録します。

       MODULE/Attic
              削除されたソースファイルのためのディレクトリ。

       #cvs.lock
              ソースリポジトリに微妙な変更を行っているときに  cvs
              が作成するロックディレクトリ。

       #cvs.tfl.pid
              リポジトリの一時的なロックファイル。

       #cvs.rfl.pid
              読み出しロック。

       #cvs.wfl.pid
              書き込みロック。


環境変数

       CVSROOT
              cvs   ソ ースリポジトリのルートへのフルパス名 ( RCS
              ファイルが保存されている場所) を指定します。この 情
              報は大部分のコマンドの実行で cvs から参照できなけれ
              ばなりません。 もし CVSROOT が設定されていない か、
              そ れを上書き指定したい場合は、コマンドライン上で与
              えることができます: `cvs -d cvsroot cvs_command...'
              もし cvs バイナリのコンパイル時に正しいパスが指定さ
              れているなら CVSROOT を設定しなくて構いません。

       CVSREAD
              これがセットされていると、 checkoutupdate は 作
              commit 中にログメッセージの記録に使われるプログラム
              を指定します。設定されていないと、 VISUAL と EDITOR
              の 環境変数が (この順序で) 試されます。どちらも設定
              されていないなら、システム依存のデフォルトエディ タ
              (例えば vi) が使用されます。

       CVS_IGNORE_REMOTE_ROOT
              この変数がセットされていると cvs は CVS/Root ファイ
              ル中のリモートのリポジトリへの参照を全て無 視 し ま
              す。

       CVS_OPTIONS
              cvs  のデフォルトオプションを指定します。これらのオ
              プションは、スタートアップファイル (~/.cvsrc) の 読
              み 込み前に解釈されます。また、コマンドラインパラメ
              ータにより明示的に上書き可能です。

       CVS_RSH
              cvs サーバを開始するときに使用するリモートシェル コ
              マ ンドの名前を決定します。この変数が設定されていな
              い場合は `rsh' が使用されます。

       CVS_SERVER
              cvs サーバコマンドの名前を指定します。この変数が 設
              定されていない場合は `cvs' が使用されます。

       CVSWRAPPERS
              `cvswrappers'   ス ク リ プ トは、リポジトリの CVS-
              ROOT/cvswrappers とユーザのホームディレ ク ト リ の
              ~/.cvswrappers に含まれるデフォルトのラッパに加え、
              変数 CVSWRAPPERS を参照して、ラッパファイルの名前を
              決定します。


作者

       Dick Grune
              comp.sources.unix にポストされ、1986 年 12 月のリリ
              ース volume6 に収められたオリジナルの cvs シェル ス
              クリプト版の作者。 cvs の衝突を解決するアルゴリズム
              の大部分を作成しました。

       Brian Berliner
              cvs プログラム自身のコーディングとデザイン を  1989
              年  4 月に、Dick によるオリジナルをベースにして行い
              ました。

       Jeff Polk
              Brian を助けて cvs のモジュールとベンダブランチのサ
              ポ ートをデザインしました。そして checkin(1) シェル
              スクリプト ( `cvs import'の祖先) の作者でもあ り ま
              す。

       ここに書くには多くの人が他にもいます。
       patch(1), rcs(1), rcsdiff(1), rcsmerge(1), rlog(1).


日本語訳

       野首 寛高(h-nokubi@nmit.mt.nec.co.jp): FreeBSD 用に翻訳
       酒井 淳嗣(sakai@jp.freebsd.org): FreeBSD 版の校正



                                                           CVS(1)

ABELNET VPSサービス