cut(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cut

前のページ 上に戻る 次のページ

cut


     cut -c list [file ...]
     cut -f list [-d delim] [-s] [file ...]


解説

     cut は、 file が指定されていればそのファイルから、指定されていなければ標
     準入力から行を読み込み、 list の指定に従って選択した部分を取り出して標準
     出力に出力します。 list には、カラム番号、もしくはフィールド番号を指定し
     ます。フィールドは特定の文字で区切られた領域です。カラム番号およびフィー
     ルド番号は 1 から始まります。

     list には、コンマ (,) もしくは空白で区切られた複数の増加方向の番号もしく
     は番号範囲を指定することができます。番号範囲は、1 番目の番号、ダッシュ
     (`-') 、2 番目の番号の 3 つの組から構成され、 1 番目の番号から 2 番目の番
     号までの複数のフィールドもしくは複数のカラムを選択します。範囲には 1 番目
     の番号および 2 番目の番号も含まれます。番号もしくは番号範囲の前にダッシュ
     をつけた場合には、 1 番目の番号までのすべてのフィールドもしくはカラムも選
     択します。番号もしくは番号範囲の後にダッシュをつけた場合には、最後の番号
     以降のすべてのフィールドもしくはカラムも選択します。番号もしくは番号範囲
     は、繰り返しても、重なっても、いかなる順番であっても構いません。また、入
     力行に指定のフィールドやカラムがない場合、エラーとはなりません。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -b list
             バイト単位で指定します。

     -c list
             文字単位で指定します。

     -d delim
             フィールドを区切る文字として delim を使用します。デフォルトではタ
             ブが使用されます。

     -f list
             タブで区切られたフィールド単位で指定します。出力フィールドはタブ
             で区切られます。

     -n      マルチバイト文字を分割しません。

     -s      区切り文字のない行を出力しないようにします。このオプションが指定
             されてない場合、区切り文字がない行はそのまま出力されます。

     cut ユーティリティは、成功した場合は 0 を、エラーが起きた場合は 1 を返し
     ます。


関連項目

     paste(1)


規格

     cut ユーティリティは IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 準拠です。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス