cu(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cu

前のページ 上に戻る 次のページ

cu



書式

       cu [ options ] [ system | phone | "dir" ]


解説

       cu  コマンドは、他のシステムを呼び出し、ダイヤルイン端末と
       して働きます。本コマンドは、エラーチェックを行わない、簡単
       なファイル転送プログラムとしても使用できます。

       cu  は、1 つの引数を、オプションとともに指定可能です。引数
       として指定する文字列が "dir" の場合には、cu はポートとの直
       接接続を行ないます。本オプションは、ユーザがポートへのライ
       トアクセスを行なう場合にのみ使用され、通常はモデム等の設定
       のために用いられます。

       引 数 が数字の場合には、その引数は電話番号として解釈されま
       す。そうでない場合には、その引数は呼びだすシステム名として
       解釈されます。 -z または --system オプションは、数字で始ま
       るシステム名を引数で指定する場合に指定しなければならないも
       の であり、 -c または --phone オプションは、数字以外の記号
       で始まる電話番号を引数で指定する場合に指定しなければなりま
       せん。

       cu  は、UUCP設定ファイルに記述されたポートを用います。もし
       単にシステム名だけが引数で与えられた場合、そのシステムへの
       発  呼  に  最  も  適  し た ポ ー ト が 選 ば れ ま す。
       -p,--port,-l,--line,-s--speed オプションが指定された場
       合、ポート選択を制御することが可能です。

       リ モートシステムとの間でコネクションが設定された場合、 cu
       は 2 プロセスを fork します。1 プロセスは、ポートからの デ
       ー タ読みだしと端末へのデータ書き込みを行ない、もう 1 プロ
       セスは、端末からのデータ読み出しとポートへのデータ書き込み
       を受け持ちます。

       cu  は、通信中に使用可能なコマンドがあります。それらのコマ
       ンドはすべて、エスケープ文字から始まります。エスケープ文字
       は、 デフォルトでは ~ (チルダ)です。エスケープ文字は、行頭
       において入力された場合にのみ認識されます。エスケープ文字を
       行頭に含むデータをリモートホストに送りたい場合には、当該エ
       スケープ文字を 2 回入力しなければなりません。全てのコマ ン
       ド は、1 文字か、もしくは % 文字(パーセント記号)に続く複数
       文字です。

       cu では、以下のコマンドを使用できます。


       ~.   通信を終了します。

       ~! command
            シェル経由でコマンドを実行します。コマンドが指定さ れ
            ない場合には、シェルが起動されます。

       ~#, ~%break
            可能であればブレーク信号を送ります。

       ~c directory, ~%cd directory
            ローカルディレクトリを変更します。

       ~> file
            ファイルをリモートシステムに送ります。本コマンド は、
            ファ イルを通信路を経由して、ファイルをダンプするのに
            用いられます。この場合、リモートシステムがこの動作 を
            想 定して動作しているものとみなして動作しますので、注
            意して下さい。

       ~<   リモートシステムからファイルを受信します。このコマ ン
            ド を 実 行すると、 cu コマンドは、ローカルファイル名
            と、ファイル転送のためにリモート側で実行すべきコマ ン
            ドの入力を促します。本コマンドは、 eofread 変数で指定
            される文字を受信するまでデータ受信を継続します。

       ~p from to, ~%put from to
            ファイルをリモート Unix システムに送信します。本コ マ
            ン ドは、リモートシステムがファイルを受信するために必
            要なコマンドを自動的に起動します。

       ~t from to, ~%take from to
            リモート Unix システムから、ファイルを取得します。 本
            コ マンドは、リモートシステムからファイルを送信するた
            めに必要なコマンドを自動的に起動します。

       ~s variable value
            cu の変数を、指定した値に設定します。値が指定さ れ な
            かった場合、変数は true に設定されます。

       ~! variable
            cu の変数を false に設定します。

       ~z   cu セッションをサスペンドします。この機能は、そんなに
            多くのシステムでサポートされているわけではあ り ま せ
            ん。  ^Z   によってジョブをサスペンドできるシステムで
            は、 ~^Z も、セッションをサスペンドします。

       ~%nostop
            XON/XOFF 制御を無効にします。

       ~%stop
            XON/XOFF 制御を有効にします。

       ~v   全ての変数と、その変数に設定された値を表示します。

       ~?   使用可能なすべてのコマンドを表示します。

            cu は、いろんな変数を備えています。これらの環境変数一
            せん。デフォルトでは、復帰および、^U, ^C, ^O, ^D, ^S,
            ^Q, ^R の各文字です。

       binary
            ファ イルを送信する時に、バイナリデータを転送するかし
            ないかを設定します。本変数が false の場合には、ファイ
            ル 中のニューライン記号はすべて、キャリッジリターンに
            変換されます。デフォルトでは false です。

       binary-prefix
            binary 変数が true の状態でファイル転送を行う時に、バ
            イ ナリ文字を送る前に使われる文字列の設定を決めます。
            デフォルトでは ^V に設定されます。

       echo-check
            リモートシステムのエコーバックをチェックすること で、
            ファ イ ル 転送のチェックをするかどうか決めます。しか
            し、あまりちゃんと動かないでしょう。デフォル ト で は
            false です。

       echonl
            ファイル中の1行を送信した後に検出しようとする文字を設
            定します。デフォルトでは、復帰文字です。

       timeout
            エコーバックもしくは echonl 文字の検出をタイムアウ ト
            と する時間を秒単位で設定します。デフォルトでは 30 で
            す。

       kill エコーチェックが失敗した場合に、1 行削除に使う文字 を
            設定します。デフォルトでは ^U です。

       resend
            エ コーチェックが失敗しつづけた場合に、1 行を再送する
            回数を設定します。デフォルトでは 10 です。

       eofwrite
            ~> コマンドを用いてファイルを送信し終った場合に、最後
            に 送 信する文字列を設定します。デフォルトでは、^D で
            す。

       eofread
            ~< コマンドを用いてファイルを受信する場合に、検出する
            文字列を設定します。デフォルトでは $ です。この文字列
            は、典型的なシェルプロンプトです。

       verbose
            ファイル転送時に、転送情報を表示するかどうか設定し ま
            す。デフォルトでは true です。


オプション

       cu.  コマンドでは、以下のオプションが指定可能です。
       --nostop
            XON/XOFF 制御を無効にします。デフォルトでは有効です。

       -E char, --escape char
            エスケープ文字を指定します。初期値は ~ (チルダ)です。
            -E '' とすることにより、エスケープ文字を無視 で き ま
            す。

       -z system, --system system
            発呼先のシステムを指定します。

       -c phone-number, --phone phone-number
            発呼先の電話番号を指定します。

       -p port, --port port
            使用するポートを指定します。

       -a port
            --port port と同じです。

       -l line, --line line
            使 用する回線を、デバイス名で指定します。本オプション
            は、UUCP 設定ファイルに記述されていないポートを用いて
            通 信 を 行 な う 場 合に使用されます。当該デバイスに
            は、write パーミッションが許可されていることが必要 に
            なります。

       -s speed, --speed speed
            通信速度(ボーレート)を設定します。

       -#   # に位置するのは数字です。 --speed # と同じです。

       -n, --prompt
            使用する電話番号の問い合わせプロンプトを出力します。

       -d   デバッグモードに入ります。これは --debug all と同様で
            す。

       -x type, --debug type
            特定のデバッグタイプを有効にします。タ イ プ と し て
            は、abnormal,  chat,  handshake,  uucp-proto,  proto,
            port, config, spooldir, execute,  incoming,  outgoing
            が あ り ま す。  cu では、abnormal, chat, handshake,
            port, config, incoming, outgoing が意味を持ちます。

            本オプションでは、コンマで区切ることで複数のデバッ グ
            タ イ プ が 指定可能です。そして、 --debug オプション
            は、1回のコマンド起動で複数回指定可能です。また、タイ
            プ と し て 数 字 を 指定することも可能です。例えば、
            --debug 2 という指定は、 --debug abnormal,chat と同じ
            意味です。 --debug all は、すべてのデバッグオプション
            が指定されたのと同じです。


関連ファイル

       ファイル名は、コンパイル環境や設定ファイルの内容によって変
       わ る ことがあります。ここに挙げるのは、一例でしかありませ
       ん。

       /etc/uucp/config - 設定ファイル


作者

       Ian Lance Taylor <ian@airs.com>




                         Taylor UUCP 1.06                   cu(1)

ABELNET VPSサービス