crunchide(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

crunchide

前のページ 上に戻る 次のページ

crunchide


     crunchide [-f keep-list-file] [-k keep-symbol] [object-file ...]


解説

     crunchideobject-file の大域シンボルを隠蔽し、続くリンカ ld(1) の実行
     でそれらが無視されるようにします。 -k keep-symbol オプションおよび -f
     keep-list-file オプションにより、いくつかのシンボルを見える状態のままにし
     ておくことができます。ファイル keep-list-file は、見える状態にしておくシ
     ンボルのリストです。このファイルにはシンボルを 1 行にひとつずつ記述しま
     す。 keep-symbol もしくは keep-list-file において指定する名前は、C におけ
     る名前です。例えば C の関数 ``foo'' を見えるようにするためには、オプショ
     ン ``-k foo'' を使用します。

     crunchidecrunchgen(1) とともに用いられるプログラムとして設計されてい
     ます。 crunchgen(1) は複数のコンポーネントプログラムからクランチバイナリ
     を作成する処理を自動化するプログラムです。


関連項目

     crunchgen(1), ld(1)


作者

     crunch は James da Silva <jds@cs.umd.edu> によって作成されました。

     Copyright (c) 1994 University of Maryland.  All Rights Reserved.

     Chris Demetriou <cgd@netbsd.org> が crunchide を再構成し、複数のオブジェ
     クト形式をサポートし、 ELF オブジェクトのサポートと ECOFF オブジェクトの
     認識を追加しました。

     Copyright (c) 1997 Christopher G. Demetriou.  All Rights Reserved.

FreeBSD 4.4                      June 14, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス