crontab(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

crontab

前のページ 上に戻る 次のページ

crontab


     crontab [-u user] { -l | -r | -e }


解説

     crontab は、 Vixie Cron の cron(8) デーモンが扱うテーブル内のエントリの追
     加、削除、およびリスト表示を行います。各ユーザは、自分用の crontab ファイ
     ルを持つことができます。このファイルは /var 内にありますが、これはエディ
     タで直接変更するためのものではありません。

     もし allow ファイル (/var/cron/allow) が存在した場合、このコマンドを使う
     ためには、あなたの名前がこの allow ファイルになければなりません。また、
     allow ファイルは存在しないが deny ファイル (/var/cron/deny) が存在した場
     合に、このコマンドを使うためには、あなたの名前がこの deny ファイルにあっ
     ては いけません。どちらのファイルも存在しない場合、サイト依存の設定パラメ
     ータによりスーパユーザだけがこのコマンドを使うことができるか、すべてのユ
     ーザがこのコマンドを使うことができるかが決定されます。

     このコマンドの最初の書式は file から新しい crontab をインストールする場合
     に使います。ファイル名として ``-'' が指定された時は、標準入力から読み込み
     ます。

     以下のオプションを使用可能です:

     -u      指定した user の crontab ファイルに対して操作を行います。このオプ
             ションがない場合には、コマンドを実行した人の crontab ファイルに対
             しての操作になります。 su(1) をしている場合は混乱する可能性があり
             ますから、正確を期するため、この場合には -u をつねにつけるように
             すべきです。

     -l      現在の crontab ファイルを標準出力に表示します。

     -r      現在の crontab ファイルを削除します。

     -e      現在の crontab を編集します。環境変数 VISUAL もしくは EDITOR があ
             れば、この環境変数で指定したエディタを利用します。指定したエディ
             タは、ファイルをその場で編集するものであることが 必要です。ファイ
             ルを削除してから再作成するエディタは、使用不可です。エディタを終
             了すれば、crontab ファイルが自動的にインストールされます。


関連項目

     crontab(5), cron(8)


関連ファイル

     /var/cron/allow
     /var/cron/deny


規格

     crontab コマンドは IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 準拠です。この新しい文法
     は以前の Vixie Cron のものとも古典的な SVR3 のものとも異なっています。


診断

     誤ったコマンドラインを与えて実行した場合、使用法についてのかなり有益な
     メッセージが出力されます。

ABELNET VPSサービス