cpio(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cpio

前のページ 上に戻る 次のページ

cpio




書式

       cpio {-o|--create} [-0acvABLV] [-C bytes] [-H format]  [-M
       message]        [-O       [[user@]host:]archive]       [-F
       [[user@]host:]archive]      [--file=[[user@]host:]archive]
       [--format=format]  [--message=message]  [--null] [--reset-
       access-time]  [--verbose]  [--dot]  [--append]   [--block-
       size=blocks]  [--dereference]  [--io-size=bytes] [--quiet]
       [--force-local]  [--help]  [--version]  <   name-list   [>
       archive]

       cpio {-i|--extract} [-bcdfmnrtsuvBSV] [-C bytes] [-E file]
       [-H  format]  [-M  message]  [-R  [user][:.][group]]   [-I
       [[user@]host:]archive]      [-F     [[user@]host:]archive]
       [--file=[[user@]host:]archive]        [--make-directories]
       [--nonmatching] [--preserve-modification-time] [--numeric-
       uid-gid]  [--rename]  [--list]   [--swap-bytes]   [--swap]
       [--dot]     [--unconditional]     [--verbose]    [--block-
       size=blocks] [--swap-halfwords] [--io-size=bytes]  [--pat-
       tern-file=file]                          [--format=format]
       [--owner=[user][:.][group]] [--no-preserve-owner]  [--mes-
       sage=message]   [--force-local]  [--no-absolute-filenames]
       [--sparse] [--only-verify-crc] [--quiet] [--help]  [--ver-
       sion] [pattern...] [< archive]

       cpio       {-p|--pass-through}       [-0adlmuvLV]      [-R
       [user][:.][group]] [--null] [--reset-access-time] [--make-
       directories]  [--link] [--quiet] [--preserve-modification-
       time] [--unconditional]  [--verbose]  [--dot]  [--derefer-
       ence]   [--owner=[user][:.][group]]  [--no-preserve-owner]
       [--sparse] [--help]  [--version]  destination-directory  <
       name-list


解説

       こ のマニュアルは、GNU 版の cpio について説明します。 cpio
       は、cpio 形式もしくは tar 形式のアーカイブファイルに格納さ
       れたファイルを取り出したり、その逆を行なったりします。アー
       カイブファイルとは、格納されるファイルそのものに加え、それ
       ら個々のファイルについてのファイル名や所有者、タイムスタン
       プ、アクセス権限のような情報を含むようなファイルです。アー
       カイブファイルは、ディスク上のファイルでも、磁気テープ上に
       格納してあるファイルでも、もしくはパイプであっても構いませ
       ん。 cpio は、3 つの操作モードを持っています。

       コピーアウトモードでは、 cpio はファイルをアーカイブファイ
       ルにコピーします。cpio は、標準入力からファイル名のリス ト
       を  1 行ずつ読み込み、標準出力にそのファイルのアーカイブを
       書き出します。ファイルリストの作成には、 find コマンドが多
       く 使 わ れます。 find コマンドでは、-d オプションを付加し
       て、ディレクトリの属性によって読み込み不可であったり、検索
       が出来なかったりする問題を最小限に抑えるようにして下さい。

       コピーパスモードでは、 cpio はファイルをあるディレクトリか
       ら別のディレクトリにコピーします。実際には、アーカイブファ
       イルを用いないで、コピーアウトモードとコピーインモードを組
       み 合わせて実行するような形になります。cpio は、コピーする
       ファイルリストを標準入力から読み込みます。これらのファイル
       のコピー先のディレクトリについては、オプション以外の引数で
       与えられます。

       cpio は、 binary, old ASCII, new ASCII, crc, HPUX  binary,
       HPUX  old ASCII, old tar, POSIX.1 tar の各形式のアーカイブ
       フォーマットをサポートします。 binary フォーマットは、異な
       るマシンアーキテクチャ間では互換性のない方法で、ファイルの
       情報をエンコードするので、ほとんど使われ ま せ ん  ( つ ま
       り、binary   フォ ーマットは、異なるマシンアーキテクチャ間
       で、互換性のないアーカイブを生成するので、あまり使われない
       ということです)。 old ASCII フォーマットは、異なるマシンア
       ーキテクチャの間での互換性は保たれますが、65536 個を超える
       i-node   を 備えるシステムで使われることを想定してません。
       new ASCII フォーマットは、異なるマシンアーキテクチャの間で
       のアーカイブの互換性は保たれます。old ASCII フォーマットの
       ように、ファイルシステムのサイズの制限はありませんが、全て
       のバージョンの cpio でこの形式をサポートするわけではありま
       せん。現状でこのフォーマットをサポートする  cpio   は、GNU
       cpio   と、Unix  System V R4 の cpio のみです。 crc フォー
       マットは、new ASCII フォーマットと似ていますが、アーカイブ
       作成時に cpio が各ファイルについてチェックサムを計算し、ア
       ーカイブ内に含めるところが異なります。このチェックサムは、
       アーカイブからファイルを取り出す時のベリファイに使用されま
       す。 HPUX フォーマットは、デバイスファイルを格納する形式が
       他の cpio と異なる HPUX の cpio 形式との互換性を持たせるた
       めに存在します。

       tar フォーマットは、 tar との互換性を持たせるために存在 し
       ます。tar フォーマットでは、アーカイブされるファイル名とし
       ては、100 文字を超えるものは使えません。また、特殊ファイル
       ( ブロックデバイスやキャラクタデバイス) をアーカイブするこ
       ともできません。 POSIX.1 tar フォーマットは、アーカイブ さ
       れ る ファ イ ル名としては、255 文字を超えるものは使えませ
       ん。(ちょうどその場所に、"/" が含まれる場合は除きます)。

       デフォルトでは、 cpio は古い cpio との互換性を保つためにバ
       イナリフォーマットアーカイブを作成します。アーカイブを展開
       する場合には、 cpio は自動的に読み込まれたアーカイブの種類
       を認識するので、異なるバイトオーダのマシンで作成されたアー
       カイブを読むことができます。

       cpio のオプションには、操作モードを指定するものも あ り ま
       す。どのオプションがどのモードに対応するかについては、書式
       のセクションを見て下さい。

   B>オB>プB>シB>ョB>ン
       -0, --null
              すでに存在するアーカイブファイルに追加書き込みを し
              ま す。このオプションはコピーアウトモードでのみ使用
              することができます。このオプションを使うために は、
              アーカイブファイルが、 -O または、 -F (--file) オプ
              ションで指定した名前のディスク上の (ア ー カ イ ブ)
              ファイルでなければなりません。

       -b, --swap
              コ ピ ー イ ンモードにおいて、データ中の1ワード (32
              ビット) データの上下 16 ビットを入れ換え、1 ハー フ
              ワ ード (16 ビット) の上下 8 ビットを入れ換えます。
              本オプションは、 -sS と同等です。このオプションは、
              ビッ グエンディアンマシンとリトルエンディアンのマシ
              ンの間で 32 ビット整数を変換するために用います。

       -B     I/O ブロックサイズを 5120 バイトに設定し ま す。 ブ
              ロックサイズの初期値は 512 バイトです。

       --block-size=BLOCK-SIZE
              I/O  ブロックサイズを BLOCK-SIZE * 512 バイトに設定
              します。

       -c     アーカイブ形式として、old ASCII フォーマット (つ ま
              り古い互換アーカイブフォーマット) を用います。

       -C IO-SIZE, --io-size=IO-SIZE
              I/O ブロックサイズを IO-SIZE で指定したバイト数に設
              定します。

       -d, --make-directories
              必要に応じてディレクトリを作成します。

       -E FILE, --pattern-file=FILE
              コピーインモードにおいて、ファイル名 FILE から展 開
              し たり、ファイルリストを表示したりするために、ファ
              イル名を特定するパターン指定を読み込みます。ファ イ
              ル 名 FILE で特定できるファイルに記述された各行は、
              cpio のオプション以外の文字列で指定されたもののよう
              に扱われます。

       -f, --nonmatching
              与 えられたパターンのいずれにも一致しないファイルの
              み扱います。

       -F, --file=archive
              標準入力もしくは標準出力のかわりに、指定されたア ー
              カ イブファイルを用います。他のマシンのテープドライ
              ブをアーカイブファイルとして扱う場 合 に は、`HOST-
              NAME:' で始まるファイル名を使用して下さい。ホスト名
              は、そのユーザとしてリモートテープドライブをアク セ
              スするためにユーザ名と '@' を先に書いても構いません
              (典型的には、そのユーザの `~/.rhosts' エントリに エ
              ル の内容から自動的にアーカイブフォーマットを判定す
              るもので、コピーアウトモードでは、"bin" フォー マッ
              トがデフォルトです。

              bin    binary  フォーマットです。ほとんど使われませ
                     ん。

              odc    old ASCII (POSIX.1 互換) フォーマットです。

              newc   new ASCII (SVR4 互換) フォーマットです。 new
                     ASCII   フォ ーマットは、65536 個を超える i-
                     node を備えるファイルシステムをサポートし ま
                     す。

              crc    crc   フォ ー マッ トです。 crc フォーマット
                     は、new ASCII フォーマットと似ていま す が、
                     チェックサムを含みます。

              tar    old tar フォーマットです。

              ustar  POSIX.1 tar フォーマットです。GNU tar アーカ
                     イブも取り扱うことができます。POSIX.1 tar と
                     GNU tar は、よく似ていますが、同じではありま
                     せん。

              hpbin  HPUX の cpio で使用されている、あまり使わ れ
                     ない binary フォーマットです。 (他の cpio と
                     は異なる形式で、デバイスファイルを保存 し ま
                     す)。

              hpodc  HPUX  の cpio で使用されている互換フォーマッ
                     トです (他の cpio とは異なる形式で、デバイス
                     ファイルを保存します)。

       -i, --extract
              コピーインモードで動作します。

       -I archive
              標 準入力のかわりに、指定されたアーカイブファイル名
              を用います。他のマシンのテープドライブをアーカイ ブ
              ファ イ ル として扱う場合には、`HOSTNAME:' で始まる
              ファイル名を使用して下さい。ホスト名は、そのユー ザ
              と してリモートテープドライブをアクセスするためにユ
              ーザ名と '@' を先に書いても構いません (典型的には、
              そのユーザの `~/.rhosts' エントリにエントリが存在す
              るマシンであることが多いようです)。

       -k     無視されます。他のバージョンの cpio との互換性を 保
              つためにのみ存在します。

       -l, --link
              可 能であれば、ファイルをコピーするかわりにリンクを
              の ボリューム終端まで到達した場合に、MESSAGE で指定
              された文字列を出力します。この指定をすることで、 ユ
              ー ザに新しい媒体の挿入指示を出すことが可能になりま
              す。MESSAGE で指定される文字列に "%d" が含まれる 場
              合には、"%d" 文字列は、現在の媒体通番 (1 からはじま
              ります) に置き換えられます。

       -n, --numeric-uid-gid
              冗長モードで内容のリストを出す場合に、UID  お よ び
              GID を、その ID の対応するユーザ名 / グループ名でな
              く、数字で表示します。

        --no-absolute-filenames
              コピーインモードで、アーカイブ中に絶対ファイル名 で
              格 納されていたとしても、現在のディレクトリからの相
              対でファイルを生成します。

        --no-preserve-owner
              コピーインモードおよびコピーパスモードに お い て、
              ファ イ ル の所有者を変更しません。これは、展開後の
              ファイルの所有者は、実際にファイルの展開を行なっ て
              い るユーザとなることを示します。このオプションは、
              スーパユーザ以外のユーザが使用する場合にはデフォ ル
              ト で 有効になります。これは、System V のユーザが、
              誤ってファイルの所有権を手放さないようにするため で
              す。

       -o, --create
              コピーアウトモードで動作します。

       -O archive
              標 準出力のかわりに、指定したアーカイブファイルを用
              います。他のマシンのテープドライブをアーカイブ ファ
              イ ルとして扱う場合には、`HOSTNAME:' で始まるファイ
              ル名を使用して下さい。ホスト名は、そのユーザとし て
              リ モートテープドライブをアクセスするためにユーザ名
              と '@' を先に書いても構いません (典型的には、そのユ
              ーザの `~/.rhosts' エントリにエントリが存在するマシ
              ンであることが多いようです)。

        --only-verify-crc
              コピーインモードで CRC フォーマットのアーカイブを読
              み 込 む時に、アーカイブ内の各ファイルの CRC をベリ
              ファイするだけで、実際にファイルを取り出しません。

       -p, --pass-through
              コピーパスモードで動作します。

       --quiet
              コピーされたブロック数を表示しません。

       -r, --rename
              から成る大きなブロックを持つファイルを疎なファイ ル
              として書きます。

       -s, --swap-bytes
              コ ピ ーインモードにおいて、ファイル中のデータの 16
              ビットの上位 8 ビットと下位 8 ビットを入れ 換 え ま
              す。

       -S, --swap-halfwords
              コ ピ ーインモードにおいて、ファイル中のデータの 32
              ビットの上位 16 ビットと下位 16 ビットを入れ換え ま
              す。

       -t, --list
              入力ファイル名の一覧を出力します。

       -u, --unconditional
              す でに存在している新しいファイルを古いファイルで置
              き換えるかどうかの問い合わせをすることなく、全て の
              ファイルを上書きします。

       -v, --verbose
              処 理されたファイル名を表示します (冗長モードという
              ことです)。 -t オプションが同時に指定された場 合 に
              は、`ls  -l'  形式の表示を得ることができます。ustar
              フォーマットのアーカイブから得られる表示に お い て
              は、 ローカルシステムに存在しないユーザ名およびグル
              ープ名のファイルについては、アーカイブ内に格納さ れ
              た  UID および GID の値に対応するローカルでのユーザ
              名、グループ名に置き換えてその部分を表示します。

       -V --dot
              各ファイルを処理するごとに、"." を表示します。

       --version
              cpio のプログラムバージョンを表示して終了します。



                                                         CPIO(1L)

ABELNET VPSサービス