compile_et(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

compile_et

前のページ 上に戻る 次のページ

compile_et




解説

     compile_et は、エラーコード名とそれに対応するメッセージをリストアップした
     テーブルを、 com_err(3) ライブラリと共に用いるのに適した C のソースファイ
     ルに変換します。

     ソースファイル名は末尾が ``.et'' で終わっていなければなりません。このファ
     イルは以下のものから成ります。まず、エラーコードテーブル名の宣言(4文字ま
     で):

     error_table name

     続いて以下の形式のエントリ(256 エントリまで):

     error_code name, " string "

     そして最後にテーブルの終わりを示す次の行です:

     end

     上のテーブル名はサブルーチン名 initialize_XXXX_error_table を構築するのに
     用いられます。このサブルーチンは com_err(3) ライブラリがエラーテーブルを
     認識するために呼び出される必要があります。

     ここで定義された様々なエラーコードには、連続した昇順の番号(最初の数は、テ
     ーブル名のハッシュ関数として求められた、ある大きな数です)が割り当てられま
     す。従って、互換性を保つために、新しいコードは既存のテーブルの末尾にのみ
     追加し、また既存のコードはテーブルから削除しないようにすべきです。

     このテーブルで定義された名前は C のヘッダファイルに置かれ、プリプロセッサ
     ディレクティブによって最大 32 ビットの大きさの整定数として定義されます。

     同時に C のソースファイルが生成されます。このファイルはコンパイルされ、こ
     れらのエラーコードを参照するオブジェクトファイルとリンクされます。この C
     ソースファイルには、メッセージテキストと初期化ルーチンが含まれます。いず
     れの C のファイルも、オリジナルソースファイル末尾の ``.et'' を ``.c'' お
     よび ``.h'' で置き換えた名前になります。

     ソースファイル中の ``#'' はコメント文字として扱われ、そこから行末までのテ
     キストは無視されます。


バグ

     compile_etyacc(1) に基づく極めて単純なパーサを用いているため、エラー
     回復処理には改良すべき点が数多く残されています。


関連項目

     yacc(1), comm_err(3)

     Ken Raeburn, A Common Error Description Library for UNIX.

FreeBSD 4.4                    November 22, 1988                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス