comp(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

comp

前のページ 上に戻る 次のページ

comp



SYNOPSIS

       comp      [+folder]      [msg]      [-draftfolder +folder]
            [-draftmessage msg] [-nodraftfolder] [-editor editor]
            [-noedit]    [-file file]   [-form formfile]   [-use]
            [-nouse]   [-whatnowproc program]    [-nowhatnowproc]
            [-help]


DESCRIPTION

       comp  はメールを出すための新しいメッセージを作るのに使われ
       ます。メッセージ・フォームをドラフトへとコピーし、そのドラ
       フトを指定してエディタを呼び出します (`-noedit' オプション
       が指定された場合を除きます。この場合、最初の編集は抑制され
       ます)。

       デフォルトのメッセージ・フォームは次の通りです。

            To:
            cc:
            Subject:
            --------

       もし、ユーザーの MH ディレクトリの中に "components" という
       名前のファイルがある場合、このフォームに代わって、それが使
       われます。 `-form formfile' でファイルが指定されると、それ
       が使われます。既にあるメッセージの内容をフォームとして使っ
       て、comp   を起動させてもかまいません。 `+folder' か `msg'
       が引数で指定された場合、そのメッセージがフォームとして使わ
       れ ま す。`-form formfile'   オプションと `+folder' または
       `msg' 引数を同時に指定してはいけません。そのメッセージが送
       ら れる時(send (1) 参照)に正しく認識されるために、ダッシュ
       の行または空行は、ヘッダとボディの間に残しておかなければな
       り ま せん。 `-use' オプションは、 comp に既に編集を始めた
       メッセージの編集を続行することを指示します。つまり、 も し
       comp  (あるいは distreplforw )をドラフトの送信をせ
       ずに終了させた場合、そのドラフトは "comp -use" で再編集 す
       る事が出来ます。

       もし、ドラフトが既に存在する場合、 comp はそのドラフトをど
       うするのかを聞いて来ます。 quit と答えると、ドラフトをその
       まま残して、comp を終了します。 replace は存在するドラフト
       を適切なフォームで置き換えます。 list はドラフトを表示しま
       す。  use はドラフトをさらに編集するためにそのドラフトを使
       います。そして、refile +folder はそのドラフトを指定され た
       フォルダに移動して、適切なフォームで新しいドラフトを作りま
       す (refile には `+folder' 引数が必要です)。

       `-draftfolder +folder' と `-draftmessage msg' オプションは
       MH のドラフト・フォルダ機能を呼び出します。これは進んだ(そ
       して極めて有用な)仕様です。詳し く は  mh-profile (5)   の
       Draft-Folder 部分などを参照して下さい。

       `-file file'  オプションは指定されたファイルをドラフトとし
       <mh-dir>/draft                      デフォルトのドラフト・ファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Draft-Folder:        デフォルトのドラフト・フォルダを決める
       Editor:              デフォルトのエディタを置き換える
       Msg-Protect:         新しいメッセージ(ドラフト)を作る際に
                            セットされるモード
       fileproc:            メッセージを refile するプログラム
       whatnowproc:         "What now?" と聞いてくるプログラム


SEE ALSO

       dist(1), forw(1), repl(1),  send(1),  whatnow(1),  mh-pro-
       file(5)


DEFAULTS

       `+folder'            デフォルトはカレント・フォルダ
       `msg'                デフォルトは cur
       `-nodraftfolder'
       `-nouse'


CONTEXT

       無し。


BUGS

       も し whatnowprocwhatnow の場合、 compwhatnow プロ
       グラムを実際に走らせずに、内蔵の whatnow ルーチンを使い ま
       す。 従っ て、 もし自分で独自の whatnowproc を設定する場合
       に、それに whatnow という名前をつけてはなりませ ん。  comp
       はそれを起動しないからです。



[mh.6]                        MH.6.8                      COMP(1)

ABELNET VPSサービス