colrm(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

colrm

前のページ 上に戻る 次のページ

colrm




解説

     colrm は、指定された桁をファイルの各行から削除します。 1 桁は 1 文字分に
     相当します。ファイルは標準入力から読み込まれ、結果は標準出力に書き出され
     ます。

     start だけが与えられた場合は、 start 桁目より前のすべての桁が表示されま
     す。 startstop の両方が指定された場合は、 start 桁目より前のすべての
     桁と、 stop 桁目より後のすべての桁が表示されます。桁の番号づけは 0 ではな
     く 1 から始まります。

     タブ文字を読むと、その桁位置の次に来る 8 の倍数の桁まで桁位置を進めます。
     バックスペース文字を読むと、桁位置を 1 戻します。


関連項目

     awk(1), column(1), cut(1), paste(1)


歴史

     colrm コマンドは 3.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス