colcrt(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

colcrt

前のページ 上に戻る 次のページ

colcrt




解説

     colcrt は、半改行、逆改行の能力を持たず、重ね打ちで表示が壊れる端末に、仮
     想的にその機能を提供します。半改行文字と下線(ダッシュ`-' に置換されます)
     は、通常の出力行の間に新しい行をもうけて出力されます。

     利用可能なオプションは以下のとおりです;

     -       下線を出力しません。このオプションは特に tbl(1)allbox で描か
             れた表を表示するのに便利です。

     -2      すべての行に半改行があるように出力します。実質的には、1 行おきに
             出力されることになります。通常は半改行のない行で余分な改行を出力
             しません。ただし、二つの連続した空行は省略されません。 -2 オプ
             ションは上付き、あるいは下付き文字が含まれていて、それらを印字で
             きないラインプリンタに対して出力する時に便利です。


使用例

     colcrt の典型的な利用法は、以下のとおりです。

     tbl exum2.n | nroff -ms | colcrt - | more


関連項目

     nroff(1), troff(1), col(1), more(1), ul(1)


バグ

     `-' オプションが指定されたときにも、空白部分の下線文字を書き、下線文字を
     表示するようにすべきです。

     102 行以上の行を遡って処理することはできません。

     一般に、重ね打ちの効果は失われます。特殊なケースとして、 `|' が `-' や下
     線と重ね打ちされる場合には、 `+' になります。

     各行は 132 文字で切り捨てられます。

     すでに 1 行おきになっている文書では、上付き、下付き文字に対する対処が必要
     です。


歴史

     colcrt は 3.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                     March 30, 1993                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス