col(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

col

前のページ 上に戻る 次のページ

col




解説

     col は、出力が順方向の行送りと半行送りで正しい順序になるように逆行送り (
     と半逆行送り) を取り除き、空白をなるべくタブに置き換えます。これは、
     nroff(1)tbl(1) の出力を処理する場合に便利です。

     col は標準入力を読み込み、標準出力に出力します。

     オプションには以下のものがあります。

     -b      バックスペースを出力せず、各桁の位置に最後に書かれた文字だけを表
             示します。

     -f      順方向の半行送りを許します(``詳細 (fine) '' モード)。半行送りの境
             界に打たれる文字は、通常次の行に表示されます。

     -h      タブのかわりに複数の空白を出力しません (デフォルト)。

     -p      未知の制御シーケンスを無変更のまま通します。通常、 col は、自身で
             認識して解釈するもの以外の制御シーケンスを取り除きます。自身で認
             識する制御シーケンスは、後述します。

     -x      タブのかわりに複数の空白を出力します。

     -l num  メモリに、少なくとも num 行をバッファリングします。デフォルトで
             128 行までバッファリングされます。

     col が理解できる復帰動作の制御文字とその 10 進値の一覧を以下の表に示しま
     す。

     ESC-7            逆行送り (エスケープ 7)
     ESC-8            半逆行送り (エスケープ 8)
     ESC-9            半行送り (エスケープ 9)
     backspace        一桁戻る (8); 最初の桁では無視されます
     carriage return  (13)
     newline          改行 (10); 復帰動作も同時に行ないます
     shift in         通常の文字セットにシフトします (15)
     shift out        異なる文字セットにシフトします (14)
     space            一桁移動します (32)
     tab              次のタブストップまで移動します (9)
     vertical tab     逆行送り (11)

     認識できないすべての制御文字とエスケープシーケンスは捨てられます。

     col は、読み込まれた通りに文字セットの移り変わりを記憶し、出力時に文字
     セットが正しくなるようにします。

     入力が最後に表示された行に戻ろうとすると、 col は警告メッセージを表示しま
     す。


関連項目

     expand(1), nroff(1), tbl(1)

ABELNET VPSサービス