cmp(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cmp

前のページ 上に戻る 次のページ

cmp




解説

     cmp ユーティリティは、2つのファイル内容を比較して、その結果を標準出力に出
     力します。ファイル内容が一致していれば、デフォルトでは cmp は何も表示しま
     せん。ファイル内容に違いがあった場合は、最初に違いが見つかった場所の、バ
     イト位置と行番号を出力します。

     バイト位置と行番号は、1 から数え始めます。

     オプションは以下のものがあります:

     -l      全ての違いに対し、違いのあった場所のファイル先頭からのバイト位置
             (10 進数表現) と、各々のファイル中の値 (8 進数表現) を表示しま
             す。

     -s      何も表示しないようにします。結果は終了コードにのみ反映されます。

     -x      -l と似ていますが、16 進数で表示し、ファイルの最初のバイトに対し
             て 0 をインデックスとして使用します。

     -z      通常ファイルに対しては、ファイルの大きさをまず比較し、異なる場合
             には比較を失敗させます。

     file1file2, の開始バイト位置を skip1skip2 を使って、各々指定して
     比較することができます。この値は 10 進数表記がデフォルトで、先頭に ``0x''
     か ``0'' があると、 16 進数や 8 進数表現と解釈されます。

     cmp は、戻り値として以下の値のうちの一つをとります:

     0     ファイル内容が一致した。

     1     ファイル内容に違いがあったか、どちらかのファイルが先にファイルエン
           ドに達した。後者の場合、 -s オプションが指定されていない場合には、
           cmp は、短い方のファイルで (違いが見付かる前に) EOF に到達したこと
           を標準エラー出力に出力します。

     >1    エラーが起きた。


関連項目

     diff(1), diff3(1)


規格

     cmp は IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 準拠です。


歴史

     cmp コマンドは Version 1 AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス