clear(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

clear

前のページ 上に戻る 次のページ

clear


     clear


解説

     tput コマンドは、端末の属性情報を取り出して、ユーザやシェルアプリケーショ
     ンから利用できるようにします。 clear ユーティリティとして起動されたときに
     は、
           tput clear
     が実行されたように画面がクリアされます。 tput のオプションは、次の通りで
     す。

     -T      termcap データベースの中の端末名 ( ``vt100'' や ``xterm'' ) を指
             定します。端末名が指定されない場合には、環境変数 ``TERM'' の内容
             を参照します。

     attribute で指定する端末属性が文字列型の場合、 tput コマンドはその文字列
     を出力します。端末属性が整数型の場合、その数値を出力します。どちらでもな
     ければ tput は余分な動作をせずに、端末が属性を持っているなら 0 、そうでな
     いなら 1 を終了コードにして終了します。

     attribute が文字列型で引数を取る場合 (例えばカーソル移動 : termcap の
     ``cm'' シーケンス) には、引数は属性名 (attribute) のすぐ後ろから取られま
     す。

     次の属性は、特別な意味を持っています。

     clear         画面をクリアします ( termcap の ``cl'' シーケンス)

     init          端末を初期化します ( termcap の ``is'' シーケンス)

     longname      ユーザの端末タイプの詳細名称を表示します。

     reset         端末をリセットする ( termcap の ``rs'' シーケンス)


診断

     tput の終了コードは、最後に指定された属性 (attribute) によります。属性が
     文字列型か整数型なら、端末に属性が定義されていたら 0 、定義されていなけれ
     ば 1 で終了します。属性が論理型なら、端末がこの属性を持っていたら 0 、
     持っていなければ 1 で終了します。何かエラーが起きた場合、 tput コマンドは
     2 で終了します。


関連項目

     termcap(5), terminfo(5)


バグ

     tput は属性毎の正しい型を知っているわけではありません。

     termcap エントリによっては `%' のみからなる `%' を持つことに依存している
     ものがあります。現在、有効なタイプ宣言を持たないものに関しては警告を発っ
     します。これらの警告は標準エラー出力へと送られます。


歴史

     tput コマンドは、 4.4BSD から登場しました。

ABELNET VPSサービス