ckdist(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ckdist

前のページ 上に戻る 次のページ

ckdist




解説

     ckdist ユーティリティは「チェックサム」ファイルを読みます (このファイルは
     ソフトウェアディストリビューションの構成要素を正確に特定していると仮定し
     ています)。次に、このコマンドは、それぞれの構成ファイルのチェックサムを検
     証することでディストリビューションが完全なことを証明します。MD5 (128 ビッ
     トの「メッセージの要約」) および (32 ビット CRC) チェックサムフォーマット
     である .inf の両方を利用することが出来ます。

     演算項である file は通常ファイルかディレクトリを参照することが許されま
     す。ファイル名が "md5" か、拡張子が ".md5" や ".inf" である通常ファイル
     は、それぞれの名称が示すタイプのファイルであると想定されます。これら以外
     の場合には、フォーマットはその内容により決められます。ディレクトリが指定
     された場合には、そのディレクトリを検索して、適切な名前のファイルだけを探
     します。

     オプションは次のようになります:

           -a        何のエラーが検出されたか、だけでなく、ディストリビュー
                     ションのすべての構成要素について報告を行います。

           -i        ディストリビューションの構成要素で存在しないものは、無視
                     します。

           -r        指定されたディレクトリを再帰的に探索します。

           -s        アクセス出来ないチェックサムファイルやディレクトリについ
                     てのメッセージを抑止します。

           -x        ディストリビューションの構成要素が存在していることを検証
                     します。(そして又、.inf ファイルの場合にはファイルの大き
                     さを検査します)。しかし、実際にチェックサムを計算して比較
                     する、時間のかかる段階は、省略します。

           -d dir    ディストリビューションの構成要素をこの dir ディレクトリの
                     中で探します。

           -n name   name というファイル名を用いてディストリビューションの構成
                     要素を探します。.inf 拡張子のファイル構成要素にアクセスす
                     るときはファイル名に適切な拡張子を付け加えます。

           -t type   すべての指定されたチェックサムファイルは、フォーマットが
                     type であると仮定します。このフォーマットのファイルだけを
                     探して、ディレクトリを検索します。(このフォーマットの
                     type は "md5" か "inf" のいずれかです)。


関連項目

     cksum(1), md5(1)


診断

     エラーが 1 つも検出されなければ、終了ステータスは 0 になります。ディスト
     リビューションにエラーが発見された場合には、終了ステータスは 1 になりま

ABELNET VPSサービス