chio(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

chio

前のページ 上に戻る 次のページ

chio




解説

     chio は、テープや光ディスクなどのジュークボックスに見られるようなメディア
     チェンジャの動作を制御するために使われます。

     オプションには以下のものがあります:

     -f changer
             デフォルトの /dev/ch0 デバイスのかわりに changer を使用します。

     環境変数 CHANGER にデバイス名をセットしておくと、それをデフォルトのチェン
     ジャとして使用することができます。

     メディアチェンジャ装置は複数の element から成り立っています。 element に
     は 5 種類あり、それぞれ picker (メディア搬送)、 slot (保管)、 portal (出
     し入れ)、 drive (データ転送)、 voltag (ボリューム識別子の選択) です。
     voltag 擬似 element タイプは、ボリュームタグ (典型的にはテープ上のバーコ
     ード) によるテープの選択を可能にします

     このコマンドの解説では省略形 ET で element の種類を表し、 EU で element
     の装置番号を表します。たとえば、チェンジャ内の一つめのロボットアームを表
     現する場合には、 ET は ``picker'' となり、 EU は ``0'' となります。


サポートされるコマンド

     move <from ET> <from EU> <to ET> <to EU> [inv]
             メディアユニットを <from ET/EU> から <to ET/EU> へと移動します。
             オプションの修飾子 inv が指定された場合は、挿入前にメディアユニッ
             トが裏返されます。

     exchange <src ET> <src EU> <dst1 ET> <dst1 EU> [<dst2 ET> <dst2 ET>]
             [inv1] [inv2]
             メディアユニットの交換作業をおこないます。 <src ET/EU> にあるメ
             ディアユニットは <dst1 ET/EU> に移され、以前に <dst1 ET/EU> に
             あったメディアユニットは <dst2 ET/EU> に移されます。単純に交換す
             る場合には、 <dst2 ET/EU> を省略すると <src ET/EU> が代りに使われ
             ます。オプションの修飾子 inv1inv2 が指定された場合には、それ
             ぞれ <dst1 ET/EU><dst2 ET/EU> への挿入前にメディアユニットが
             裏返されます。

             すべてのメディアチェンジャが exchange 操作をサポートしているわけ
             ではないことに注意してください。 exchange 操作のためには、チェン
             ジャが複数の空き picker を持っているか、一時的な保管場所を用いて
             複数の空き picker をエミュレートする必要があります。

     return <from ET> <from EU>
             メディアユニットを、元の element へ返します。このコマンドは、指定
             したメディアユニットの状態を問い合わせ、そのソース属性に記述され
             ている element へとメディアユニットを移動します。この方法は、ドラ
             イブやポータルからチェンジャ内の元の element へメディアを戻すのに
             便利です。

     position <to ET> <to EU> [inv]
     setpicker <unit>
             <unit> 番の picker を使用可能にします。

     ielem [<timeout>]
             チェンジャに対して element の状態の初期化 (INITIALIZE ELEMENT
             STATUS) の操作を行います。オプションとして <timeout> パラメータを
             指定して、操作がタイムアウトする秒数を指定可能です。ファームウェ
             アのバグなどのために、操作に異常に長い時間がかかる場合に使用でき
             ます。

     voltag [-fca] <ET> <EU> [<label>] [<serial>]
             メディアチェンジャ内の element に対するボリュームタグを変更しま
             す。少数のメディアチェンジャのみ、本コマンドをサポートします。デ
             バイスがサポートしていない場合に本コマンドを使用すると、通常、コ
             ンソールに "Invalid Field in CDB" というエラーが表示されます。

             -c フラグを指定すると、指定した element のボリュームタグをクリア
             します。 -f フラグを指定すると、 element に対して既にボリュームタ
             グが定義されていたとしても、指定したボリュームタグでボリュームタ
             グを置き換えます。ボリュームタグ情報が既に定義されている element
             に対し、 -f フラグを指定せずにラベルを設定しようとすると、エラー
             となります。

             本コマンドはプライマリボリュームタグに対して作用しますが、 -a フ
             ラグを指定すると、代替ボリュームタグに対して作用します。

     status [-vVsSbIa] [<type>]
             チェンジャ内のすべての element の状態を報告します。もし <type> が
             指定されていると、 <type> 型の elememt の状態を報告します。

     -v      ロードされている各メディアに対し、存在すればプライマリボリューム
             タグを表示します。ボリュームタグは ``<LABEL:SERIAL>'' のように表
             示されます。

     -V      存在すれば代替ボリュームタグを表示します。

     -s      各 element に対し、追加のセンスコードと、追加のセンスコード修飾子
             を表示します。

     -S      各 element に対し、element のソースアドレスを表示します。

     -b      各 element に対し、SCSI バス情報を表示します。この情報は、ドライ
             ブに対してのみ有効です。

     -I      各 element に対し、内部 element アドレスを表示します。通常、本ド
             ライバは内部 element アドレスを使用しません。診断目的でのみ、表示
             を行います。

     -a      すべての追加情報を表示します ( -vVsSba を指定したのと同じ)。

     ステータスビットは以下のように定義されています:

             スロット 3 (4 番目のスロット) のメディアをドライブ 0 (1 番目のド
             ライブ) に移動させます。

     chio move voltag VOLUME01 drive 0
             バーコード VOLUME01 を持つメディアをドライブ 0 (最初のドライブ)
             に移動させます。

     chio return drive 0
             テープをドライブ 0 (最初のドライブ) から取り除き、これをラックの
             元の場所へ返します。

     chio setpicker 2
             チェンジャが picker 2 (3 番目の picker) を作業に使用するように設
             定します。


関連ファイル

     /dev/ch0  デフォルトのチェンジャデバイス


関連項目

     mt(1), mount(8)


作者

     chio プログラムと SCSI チェンジャドライバは And Communications 社
     http://www.and.com/ の Jason R. Thorpe <thorpej@and.com> によって書かれま
     した。

     さらに Hans Huebner <hans@artcom.de> と Steve Gunn <csg@waterspout.com>
     が作業を行いました。

FreeBSD 4.4                      May 14, 1998                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス