chgrp(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

chgrp

前のページ 上に戻る 次のページ

chgrp




解説

     chgrp は指定されたファイルのグループ ID を group にセットします。

     オプションは以下のものがあります:

     -H      -R オプションとともに指定されている場合に、コマンドライン上のシン
             ボリックリンクをたどるようになります。(ツリー内をたどっている際中
             に見つけたシンボリックリンクの先は調べません)。

     -L      -R オプションとともに指定された場合に、全てのシンボリックリンクを
             たどるようになります。

     -P      -R オプションとともに指定された場合に、シンボリックリンクの先をた
             どらないようになります。これがデフォルトです。

     -R      指定したファイル自身の代わりに、そのファイルをルートとする階層の
             ファイルのグループ ID を変更します。

     -f      使い方の間違い以外のエラーを無視し、不適切なモードに対する質問を
             行なわなくなります。

     -h      ファイルがシンボリックリンクの場合、ポイントされるファイルではな
             く、リンク自身のグループ ID を変えます。

     -v      chgrp を冗長にし、グループが修正されるファイルを表示させます。

     -H, -L, -P のオプションは -R が指定されない限り無視されます。加えて、これ
     らのオプションはお互いの効果を上書きするため、コマンドの動作は一番最後に
     指定されたもので決まります。

     group は、ファイル (/etc/group) 中のグループ ID の数値かグループ名のどち
     らかです。グループ名がグループ ID の数値でもある場合、このオペランドはグ
     ループ名とみなされます。

     chgrp を実行するユーザは、指定したグループに自分が含まれかつファイルの所
     有者であるか、スーパユーザでなければなりません。


診断

     ユーティリティ chgrp は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了
     します。


互換性

     以前のバージョンのシステムでは、シンボリックリンクにはグループは有りませ
     んでした。

     -v オプションは非標準であり、スクリプト中での使用は非推奨です。


関連ファイル

     /etc/group  グループ ID を記述したファイル。


関連項目



ABELNET VPSサービス