chflags(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

chflags

前のページ 上に戻る 次のページ

chflags




解説

     chflags は指定したファイルのフラグを、 flags で指定した値に変更します。

     オプションは以下のとおりです。

     -H      -R オプションが指定されていれば、引数で指定されたシンボリックリン
             クをたどります (木構造の検索中にみつかったシンボリックリンクはた
             どりません)。

     -L      -R オプションが指定されていれば、全てのシンボリックリンクをたどり
             ます。

     -P      -R オプションが指定されていれば、どのシンボリックリンクもたどりま
             せん。これがデフォルトです。

     -R      指定されたファイル自身ではなく、そのファイル以下のディレクトリ階
             層すべてのフラグを変更します。

     フラグは、8 進数か、キーワードをコンマで区切ったものです。現在定義されて
     いるキーワードは以下のとおりです:

           arch    archived フラグをセットします (スーパユーザのみ)
           opaque  opaque フラグをセットします (所有者かスーパユーザのみ)
           nodump  nodump フラグをセットします (所有者かスーパユーザのみ)
           sappnd  system append-only (システムレベルでの追加専用) フラグを
                   セットします (スーパユーザのみ)
           schg    system immutable (システムレベルでの変更不可) フラグをセッ
                   トします (スーパユーザのみ)
           sunlnk  system undeletable (システムレベルでの削除不可) フラグを
                   セットします (スーパユーザのみ)
           uappnd  user append-only (ユーザレベルでの追加専用) フラグをセット
                   します (所有者またはスーパユーザのみ)
           uchg    user immutable (ユーザレベルでの変更不可) フラグをセットし
                   ます (所有者またはスーパユーザのみ)
           uunlnk  user undeletable (ユーザレベルでの削除不可) フラグをセット
                   します (所有者またはスーパユーザのみ)
           archived, sappend, schange, simmutable, uappend, uchange,
                   uimmutable, sunlink, uunlink
                   上記のキーワードのエイリアス

     オプションキーワードの前に ``no'' をつけると、そのフラグを無効にします。
     例:

           nouchg  immutable ビットをクリア

     シンボリックリンクにはフラグはありません。よって、 -H あるいは -L オプ
     ションを指定せずにシンボリックリンクに対して chflags を実行した場合、常に
     成功しますが、何の効果もありません。 -H-L-P オプションは -R オプ
     ションを指定しない限り無視されます。また、これらのオプションはお互いの効
     果を上書きするため、最後に指定されたオプションによってコマンドの動作が決
     まります。

ABELNET VPSサービス