cdcontrol(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cdcontrol

前のページ 上に戻る 次のページ

cdcontrol




解説

     cdcontrol はオーディオ CD プレイヤーを操作するためのプログラムです。
     device には cd0mcd0 などを指定します。

     コマンドを指定しない場合、 cdcontrol は対話モードになり、標準入力からコマ
     ンドを読み込みます。

     以下のオプションを使用可能です。

     -s      サイレントモード - テーブルヘッダ及び人間が可読なコメントを表示し
             ません。

     -v      冗長モード - 表示できる情報は全て表示します。

     -f device
             /dev/cd0cmcd0 といったデバイスを指定します。絶対パス及び /dev
             からの相対パスの指定が可能です。必要ならば最後に `c' を追加しま
             す。

     現時点では以下のコマンドが利用できます。コマンドをユニークに特定できるた
     めに必要な文字だけ指定する必要があります。語 play は省略可能であり、 nextprev の代りに文字 ``+'' と ``-'' を使用可能です。

     play first_track last_track
                 first_track で指定されたトラックから last_track で指定された
                 トラックまで演奏します。最初のトラックが1番になります。

     play start_m:start_s.start_f [end_m:end_s.end_f]
                 絶対アドレス (MSF) を元に演奏します。演奏開始する時間は
                 start_m に演奏開始する分を、 start_s に秒を、 start_f にはフ
                 レーム番号を指定します。演奏終了の時間は end_m に演奏終了する
                 分を、 end_s, に秒を、 end_f にフレーム番号を指定することで指
                 定できます。分指定で指定できる数値は 0 から 99 の範囲の値で
                 す。秒には 0 から 59 までが指定できます。フレーム番号は 0 か
                 ら 74 までの範囲で指定できます。

     play [#start_block [length]]
                 論理ブロック start_block から length 論理ブロック分だけ演奏し
                 ます。

     next [tracks]
                 指定した数のトラックを、前向きにスキップします (デフォルト
                 1)。

     prev [tracks]
                 指定した数のトラックを、後向きにスキップします (デフォルト
                 1)。

     pause       演奏を停止します。ディスクは停止しません。

     resume      演奏を再開します。 pause で一時停止した後に使います。

     volume mono
                 モノラルモードにします。

     volume stereo
                 ステレオモードにします。

     volume left
                 左サブトラックを左と右の両チャネルで演奏します。

     volume right
                 右サブトラックを左と右の両チャネルで演奏します。

     info        目次を表示します。

     status [audio | media | volume]
                 ディスクに関する以下のような情報を表示します:

                 audio   現在の演奏の状態と位置、
                 media   現在のメディアカタログ状態、
                 volume  現在の左チャネル及び右チャネルのボリューム値。

     cdid        CD のシリアル番号を、 cddb (http://www.cddb.org/) プロジェク
                 トが使用する方法を使用して、表示します。

     help        利用可能なコマンドの一覧を表示します。

     debug on    CD デバイスドライバのデバッグモードを有効にします。

     debug off   ドライバのデバッグモードを無効にします。

     reset       デバイスに対するハードウェアリセットを実行します。

     set msf     minute-second-frame ioctl モードに設定します (デフォルト)。

     set lba     LBA ioctl モードに設定します。

     quit        プログラムを終了します。


環境変数

     次の環境変数が cdcontrol の実行に影響します:

     CDROM     -f フラグで指定しなかった場合に使用される CD デバイス。

     CDPLAY
     CD_DRIVE
     DISC
     MUSIC_CD  CDROM が選ばれたため、これらの変数の価値は低下しています。


関連ファイル

     /dev/cd0c
     /dev/mcd0c

ABELNET VPSサービス