catman(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

catman

前のページ 上に戻る 次のページ

catman


            [-r | -remove] [-v | -verbose] [directories ...]


解説

     catman はマニュアルを ASCII 形式にフォーマットします。これは directories
     で全てのマニュアルについて `man program' とタイプするのと似ています。
     directories はマニュアルの格納されているディレクトリやサブディレクトリを
     スペースかコロンで区切ったものです。 directories が指定されなかった場合、
     デフォルトとして /usr/share/man が使われます。


オプション

     -f, -force
             既にある cat 形式のマニュアルへの上書きを強制します。普通は、マ
             ニュアルが古くなったときだけ、フォーマットしなおされるべきもので
             す。このオプションは時間と CPU と RAM の無駄使いです。

     -h, -help
             オプションを表示して終了します。

     -L, -locale
             ロケール環境変数を調査し、ローカライズされたマニュアルサブディレ
             クトリと本エントリのみに使用する処理を調べます。

     -p, -print
             実際にはマニュアルのフォーマットを行わず、何を行うかのみを表示し
             ます。

     -r, -remove
             不要ファイルを削除します。例えば、 man 形式の無い cat 形式、圧縮
             された cat 形式がある非圧縮の cat 形式、英数字で構成されていない
             ファイル名を持つファイル、圧縮された man 形式がある非圧縮の man
             形式です。

     -v, -verbose
             より多くの警告を表示します。


使用例

           $ catman

     /usr/share/man 以下のマニュアルを、必要な分だけフォーマットします。

           $ catman $MANPATH

     ユーザの全てのマニュアルパス以下のマニュアルを、必要な分だけフォーマット
     します。

           $ catman -f /usr/local/man/man1 /usr/local/man/manl

     /usr/local/man/man1/usr/local/man/manl 以下のマニュアルを強制的にフォ
     ーマットしなおします。

           $ catman -p /usr/X11/man

     マットを避けるにはハードリンク、シンボリックリンクを使って下さい。


関連項目

     makewhatis(1), man(1), manpath(1)


歴史

     このバージョンの catman は FreeBSD 2.1 から付属されました。


作者

     Wolfram Schneider <wosch@FreeBSD.org>, Berlin.

FreeBSD 4.4                     March 12, 1995                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス