cap_mkdb(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cap_mkdb

前のページ 上に戻る 次のページ

cap_mkdb




解説

     cap_mkdb は、指定したファイルを連結して形成した getcap(3) 論理データベー
     スから、ハッシュ化されたデータベースを作ります。

     データベースの名前は、先頭に指定したファイルのベース名に文字列 ``.db'' を
     付け加えたものになります。 getcap(3) ルーチンの検索速度は、オリジナルのテ
     キストファイルよりも、このデータベースのほうがずっと高速です。

     ファイル内の ``tc'' エントリは、データベースにストアされる前に展開されま
     す。

     オプションとしては、以下のものがあります:

     -f outfile
             データベースのベース名として別のものを指定します。

     -v      データベース内のケーパビリティレコードの登録数を表示します。


書式

     個々のレコードは二種類の異なるキーを用いてデータベース内に格納されます。

     第一の形式は、キーがレコードの最初のケーパビリティ (末端のコロン(``:'')は
     含みません)から構成され、データフィールドがスペシャルバイトとレコードの残
     りの部分から構成されています。スペシャルバイトの値は、0 あるいは 1 のいず
     れかです。ここで 0 はレコードの状態が良好であることを、1 はレコード中に展
     開することができなかった ``tc'' ケーパビリティが存在することを示します。

     第二の形式は、キーがレコード最初のケーパビリティの中の名前の一つで構成さ
     れ、データフィールドがスペシャルバイトとレコードの最初のケーパビリティか
     ら構成されています。この場合スペシャルバイトの値は 2 です。

     通常の動作においては、まずデータベースから名前を検索します。その結果得ら
     れるのは、第二の形式のキー/データ組です。このキー/データ組のデータフィー
     ルドを用いて、第一の形式のキー/データ組を検索します。これが与えられた名前
     に対する実際のデータになります。


診断

     ユーティリティ cap_mkdb は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終
     了します。


関連項目

     dbopen(3), getcap(3), termcap(5)

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス