calendar(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

calendar

前のページ 上に戻る 次のページ

calendar




解説

     calendar は、カレントディレクトリの calendar という名前のファイルをチェッ
     クし、今日もしくは明日の日付で始まる行を表示します。金曜日には、金曜日か
     ら月曜日までのイベントを表示します。

     オプションには以下のものがあります:

     -a      全ユーザの ``calendar'' ファイルを処理し、結果をメールで各ユーザ
             に送ります。このオプションを使用するためには、スーパユーザの権限
             が必要です。

     -A num  今日から num 日先(未来)までの行を表示します。

     -B num  今日から num 日前 (過去) までの行を表示します。

     -f calendarfile
             デフォルトのカレンダファイルとして calendarfile を使用します。

     -t dd[.mm[.year]]
             テスト専用: 指定された値に日付を設定します。

     各国語でのカレンダを扱うには、カレンダファイルのできるだけ最初のほうに
     ``LANG=<locale_name>'' という記述を入れておきます。その国のカレンダでのイ
     ースター名を扱うには、 ``Easter=<national_name>'' (Catholic Easter の場
     合) あるいは ``Paskha=<national_name>'' (Orthodox Easter の場合) という記
     述を入れます。

     各行は月や日で始まらなければなりません。数字による表記、文字による表記を
     含め、ほぼいかなる形式でも受け付けます。適切な locale が設定されていれ
     ば、その国の月表記や曜日表記も使用できます。アスタリスク (``*'') 1 つは、
     全ての月にマッチします。曜日だけで月の指定のないものは、毎週のその曜日に
     マッチします。月だけの指定で日のないものは、その月の 1 日 (ついたち) に
     マッチします。日の指定の後に 2 桁の数字が来た場合は、この数字が月の指定と
     みなされます。タブではじまる行は直前に指定した日にちが指定されたことにな
     り、これによって同一日のイベントを複数の行に記述することが出来ます。

     ``Easter'' は今年のイースターであり、正または負の整数を後ろにつけることが
     できます。

     ``Paskha'' は今年の Orthodox Easter であり、正または負の整数を後ろにつけ
     ることができます。

     曜日の後ろには ``-4'' ... ``+5'' をつけることができます。これらは「最後」
     「第 1」「第 2」「第 3」「第 4」の別名であり、「4 月の最後の月曜日」と
     いった日付が変動するイベントの記述に用いられます。

     慣習により、日付の後にアスタリスクが付いているイベントは決まった日にちで
     はなく、その年によって日にちが変わります。

     イベントの内容は行の中の最初のタブ文字以降に記述します。行の中にタブ文字
     がなければイベント内容は表示されません。行の中の最初の文字がタブである場

           #include <calendar.usholiday>
           #include <calendar.birthday>

           6/15\t6月15日 (曖昧だと、デフォルトでは 月/日になります).
           Jun. 15\t6月15日.
           15 June\t6月15日.
           Thursday\t毎週木曜日.
           June\t毎年6月1日.
           15 *\t毎月15日.

           May Sun+2\t5月の第2日曜日 (母の日)
           04/SunLast\t4月の最後の日曜日,
           \t欧州のサマータイム
           Easter\tイースター
           Ostern-2\tGood Friday (イースターの 2 日前)
           Paskha\tOrthodox Easter



関連ファイル

     calendar            カレントディレクトリにあるカレンダファイル。
     ~/.calendar         カレンダのホームディレクトリ。もしこのディレクトリが
                         存在すれば、 calendar はそこに chdir します。
     ~/.calendar/calendar
                         カレントディレクトリにカレンダファイルが存在しない場
                         合に用いるカンレダファイル。
     ~/.calendar/nomail  このファイルが存在すればメールは送信しません。

     デフォルトのカレンダファイルとして、以下のものが用意されています:

     calendar.birthday   有名な人 (およびそれほど有名でない人) の誕生日や没
                         日。
     calendar.christian  キリスト教の休暇。このカレンダは、その年にあうよう
                         に、システム管理者が毎年更新する必要があります。
     calendar.computer   コンピュータ関連の人が知っておきたい記念日。
     calendar.history    その他いろいろ。主にアメリカの歴史的な記念日。
     calendar.holiday    その他の記念日。あまり知られていないものや、全く知ら
                         れていないものも含まれています。
     calendar.judaic     ユダヤ教の休暇。このカレンダは、その年にあうように、
                         システム管理者が毎年更新する必要があります。
     calendar.music      音楽関係の記念日。誕生日、没日。特にロックンロール
                         系。
     calendar.usholiday  アメリカの記念日。このカレンダは、その年にあうよう
                         に、システム管理者が毎年更新する必要があります。
     calendar.german     ドイツのカレンダ。
     calendar.russian    ロシアのカレンダ。


関連項目

     at(1), cpp(1), mail(1), cron(8)


互換性

     以前の calendar は、正しい日付であれば、行のどこにあっても認識するように

ABELNET VPSサービス