burst(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

burst

前のページ 上に戻る 次のページ

burst



SYNOPSIS

       burst  [+folder]  [msgs]  [-inplace] [-noinplace] [-quiet]
            [-noquiet] [-verbose] [-noverbose] [-help]


DESCRIPTION

       burst は、フォルダ内の指定されたメッセージを Internet ダイ
       ジェスト (複数のメッセージをまとめて一つのメッセージにした
       もの。RFC-1153 も参照) だと考え、それらをフォルダ内に展 開
       します。

       `-inplace'  オプションをつけると、ダイジェストは、ダイジェ
       ストの目次に置き換わります (元のダイジェストは削除さ れ ま
       す)。 burst はダイジェスト内に含まれるそれぞれのメッセージ
       の格納領域を作るために、フォルダ内の、そのダイジェスト以降
       の全てのメッセージ番号を付け替えます。これらのメッセージは
       展開されたダイジェストのすぐ後に来ます。

       `-noinplace' をつけると、ダイジェストはそのまま保存さ れ、
       目次は作られません。また、ダイジェストに含まれるメッセージ
       はそのフォルダの最後の位置に来ます。他のメッセージ番号はこ
       れにより影響を受けません。

       `-quiet' オプションをつけると、 burst はダイジェスト形式で
       ないメッセージに関しての報告をしません。

       `-verbose' オプションをつけると、 burst はダイジェスト展開
       中の動作を逐一報告します。

       burst   は、Internet  ダイジェストに対して同様に、 forwsend によって作成された転送メッセージやブラインド・カー ボ
       ン・コピーに対しても同じようにうまく働く事が分かります。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Current-Folder:      デフォルトのカレント・フォルダを示す
       Msg-Protect:         新しいメッセージを作る際にセットされるモード


SEE ALSO

       Proposed Standard for Message Encapsulation (RFC-934),
       inc(1), msh(1), pack(1)


DEFAULTS

       `+folder'            デフォルトはカレント・フォルダ
       `msgs'               デフォルトは cur
       `-noinplace'
       `-noquiet'
       `-noverbose'


CONTEXT


       burst はまとめられたメッセージの内の一つがどこで終って、次
       のがどこから始まるのかを決めるのに、洗練されたアルゴリズム
       を使っていますが、全てのダイジェスト作成プログラムがこのア
       ルゴリズムを使っている訳ではありません。悪い場合だ と、 通
       常、burst はまとめメッセージの境界を早く見つけ過ぎて、一つ
       のメッセージを二つやそれ以上にも分割してしまう事にな り ま
       す。こういう間違ったダイジェストを作るようなプログラムは修
       正されるべきです。

       さらに、最後のまとめメッセージの後の部分に現れるテキストは
       burst で分割されたメッセージの中には現れません。ダイジェス
       ト形式のメッセージの場合だと、このテキストは通常  "End  of
       digest"  という文字列です。 burst に関しての、この、たぶん
       不親切なふるまいの結果、 `-inplace' オプションを使う 際 に
       は、この最後にくっついた情報は無くなってしまうという点に注
       意して下さい。でも実際問題としては、これは問題ではありませ
       ん。通常、通信相手は、注釈は、最初のまとめメッセージの前の
       テキスト部分に置くだろうし、この前の部分の情報は無くならな
       いからです。



[mh.6]                        MH.6.8                     BURST(1)

ABELNET VPSサービス