brandelf(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

brandelf

前のページ 上に戻る 次のページ

brandelf




解説

     本コマンドは ELF バイナリにマークをつけ、 FreeBSD 用のある ABI 環境下で動
     作するようにします。

     オプションは以下の通りです:

     -f ELF_ABI_number
                 指定した ELF ABI 番号の印を強制的に付けます。 -t オプションと
                 非互換です。これらの値は SCO/USL が割り当てます。

     -l          既知の ELF タイプをすべて、標準エラーチャネルに列挙します。

     -v          詳細な報告を出力します。

     -t string   指定された ELF バイナリの ABI タイプとして string をマークし
                 ます。現在サポートされている ABI は ``FreeBSD'', ``Linux'',
                 ``SVR4'' です。

     file        同時に -t string が指定されていれば、 file にタイプ string の
                 マークを印します。それ以外の場合は、単に file のマークを表示
                 します。


実行例

     brandelf コマンドの典型的な使用例を以下に示します:

           % brandelf file
           % brandelf -t Linux file


診断

     成功すると 0 で終了します。ファイルが存在しない、短すぎる、正しくマーク付
     けできなかった、または -f オプションが設定されなかったにもかかわらず要求
     されたマークが既知のタイプのいずれでもなかった場合には 1 で終了します。


関連項目

     The Santa Cruz Operation, Inc., System V Application Binary Interface,
     April 29, 1998 (DRAFT), http://www.sco.com/developer/devspecs/.


歴史

     brandelf のマニュアルページは FreeBSD 2.2 で初めて登場しました。


作者

     このマニュアルページは John-Mark Gurney <gurney_j@efn.org> によって記述さ
     れました。

FreeBSD 4.4                    February 6, 1997                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス