as(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

as

前のページ 上に戻る 次のページ

as




書式

       as [-a[dhlns][=file]] [-D] [--defsym SYM=VAL] [-f]
       [--gstabs] [-I path] [-K] [-L] [-M | --mri] [-o objfile]
       [-R] [--traditional-format] [-v] [-w] [-- | files...]

       i960 だけにあるオプション:
       [-ACA|-ACA_A|-ACB|-ACC|-AKA|-AKB|-AKC|-AMC] [-b] [-no-
       relax]

       m680x0 だけにあるオプション:
       [-l] [-mc68000|-mc68010|-mc68020]



解説

       GNU as とは、実は一連のアセンブラのことです。もしあるア ー
       キ テクチャで GNU アセンブラを使う (もしくは、使ったことが
       ある) ならば、他のアーキテクチャで使う時もかなり似た環境と
       なります。それぞれのバージョンは他のバージョンと共通の部分
       が多くあります。例えば、オブジェクトファイルフォーマットや
       ほ とんどのアセンブラディレクティブ ( 疑似命令(pseudo-ops)
       とも呼ばれます) 、アセンブラシンタクスなどです。

       GNU asのシンタクスや疑似命令(pseudo-ops)に関する情報につい
       ては、 info (もしくは、マニュアル Using as: The GNU Assem-
       bler) の  `as' の項を参照してください。

       as が作られた第一の目的は、GNU C コンパイラ gcc の出力をリ
       ン カ  ld で使用できるようアセンブルすることです。確かに、
       as が、ネイティブアセンブラがアセンブルできるものはすべ て
       正しくアセンブルできるようにしようとしてきました。このこと
       は、as の用いるシンタクスが、同一アーキテクチャの他のア セ
       ン ブ ラと同じである、ということを意味するものではありませ
       ん。たとえば、680x0 のアセンブラ言語のシンタクスには互換性
       のないバージョンが存在することが知られています。

       as の起動 1 回ごとに、ちょうどひとつのソースプログラムだけ
       をアセンブルします。ソースプログラムはひとつ以上のファイル
       か ら 構 成 されます。 (標準入力もファイルひとつとみなしま
       す。)

       もし as にファイル名が指定されなければ、ひとつの入力ファイ
       ルが as の標準入力 (ふつうは端末) から読み出されます。ctl-
       D をタイプすることで、これ以上アセンブルするプログラムが存
       在しないことを as に通知します。コマンドライン上で明示的に
       標準入力を指定する必要のある時は、`--' を使ってください。

       as は、警告およびエラーメッセージを標準エラー出力 (通常 は
       端 末) へ出力します。as がコンパイラによって自動起動された
       場合は、この限りではありません。警告とは、欠陥のあるプログ
       ラムのアセンブルを続行するために as が仮定した内容を報告し
       たものです。エラーは、アセンブルを続行できない重大な問題を

       -D     このオプションは、他のアセンブラ呼び出しとの互換 の
              た めに用意されたものであり、 as では何の効果もあり
              ません。

       --defsym SYM=VALUE
              入力ファイルをアセンブルする前に、シンボル SYM   を
              LAVUE であると定義します。 VALUE は定数の整数である
              必要があります。 C と同様、先行する 0x は 16 進数値
              を示し、先行する 0 は 8 進数値を示します。

       -f     ``高速 (fast)''オプションです--プリプロセシングを行
              ないません (ソースはコンパイラの出力したものとみ な
              します)。

       -I path
              path.include ディレクティブの検索リストに追加し
              ます。

       --gstabs
              各アセンブリの行に対し、スタブデバッグ情 報  (stabs
              debugging information) を生成します。デバッガが扱え
              る場合、アセンブリコードのデバッグに役立つかもし れ
              ません。

       -K      ロングディスプレースメントのために差分表が変更され
              た場合に、警告を発行します。

       -L     `L' から始まるローカルシンボルを (シンボルテーブ ル
              内に) 保持します。

       -M, --mri
              MRI 互換モードでアセンブルします。

       -o objfile
              as が出力するオブジェクトファイル名を指定します。

       -R      データセクションをテキストセクション内に押し込みま
              す。

       --traditional-format
              可能であるならば、機種固有のアセンブラと同じ書式 を
              使用します。

       -v     as のバージョンを表示します。

       -W, --no-warn
              警告メッセージの出力を抑制します。

       --fatal-warnings
              警告を、致命的なものとして扱います。

              較-分岐」という命令列に対して変更を加えません。場合
              によってはエラーが発生します。

       -l     (Motorola 68000)。
              2 ワードではなく、1 ワードの短い参照を未定義シン ボ
              ルに適用します。

       -mc68000|-mc68010|-mc68020
              (Motorola 68000)。
              68000  ファミリのどのプロセッサがターゲットかを指定
              します (デフォルトは 68020)。


       オプションの記述順は自由であり、ファイル名の前や後、ファイ
       ル名の間にも記述することができます。ファイル名の記述順は重
       要な意味を持ちます。

       `--' (2つのハイフン) をファイル名に指定することで、as がア
       センブルするファイルのひとつとして標準入力を明示的に指定で
       きます。

       ハイフン (`-') から始まるコマンドライン引数は、 `--' を 除
       き、すべてオプションです。それぞれのオプションは、asの振舞
       いを変更します。あるオプションが他のオプションの動作を変え
       る ことはありません。オプションは `-' に続けてひとつ以上の
       文字を書いて指定します; 英文字の大文字小文字の区別は重要で
       す。すべてのオプションは省略可能です。

       `-o'   オ プションの後には、ファイル名をひとつだけ指定しま
       す。ファイル名は、オプション文字の直後に記述する (古いアセ
       ンブラとの互換) 形式、または次のコマンド引数 (GNU 標準) と
       して記述する形式のいずれでも指定することができます。

       つまり次の2つのコマンドラインは等価です:
       as  -o  my-object-file.o  mumble.s
       as  -omy-object-file.o  mumble.s



関連項目

       info内の `as' の項 ; Using as: The GNU Assembler;  gcc(1),
       ld(1).



COPYING

       Copyright  (c)  1991, 1992, 2000 Free Software Foundation,
       Inc.

       This document is distributed under the terms  of  the  GNU
       Free  Documentation License, version 1.1.  That license is
       described in the sources for this manual page, but  it  is
       not  displayed here in order to make this manual more con-
       sise.  Copies of this license can also be  obtained  from:
































































































































































































































































































Free Software Foundation  29 March 1996                     as(1)

ABELNET VPSサービス