apply(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

apply

前のページ 上に戻る 次のページ

apply




解説

     apply は、指定されたコマンド command に、各引数 argument を順番に与えて実
     行します。

     command 内に ``%d'' の形をした文字列があった場合には (ここで `d' は 1 か
     ら 9 までの数字)、これらは未使用の引数 argument のうちの d 番目のものと置
     き換えられます。このとき command の実行ごとに最大の ``d'' の数だけ引数は
     捨てられます。

     オプションは以下のものがあります:

     -#      通常は引数は一つしか渡されません。オプション -#command に渡さ
             れる引数の個数を指定できます。この数値が 0 のときは、引数なしで
             command が引数 argument につき 1 回、実行されます。

             もし command 内に `%d' があった場合、 -# オプションは無視されま
             す。

     -a c    デフォルトではマジックキャラクタとして ``%'' を使っていますが、こ
             れは -a オプションで変更ができます。

     -d      実行されるはずだったコマンドを表示しますが、実際には実行しませ
             ん。


環境変数

     以下の環境変数が apply の実行に影響します:

     SHELL  利用する shell のパス名です。この変数が定義されていない場合は
            Bourne シェルが使われます。


使用例

     apply echo a*
            ls(1) に似た出力になります。
     apply -2 cmp a1 b1 a2 b2 a3 b3
            `a' のファイルと `b' のファイルを比較します。
     apply -0 who 1 2 3 4 5
            who(1) を 5 回実行します。
     apply 'ln %1 /usr/joe' *
            カレントディレクトリ内の全てのファイルをディレクトリ /usr/joe にリ
            ンクします。


関連ファイル

     /bin/sh  デフォルトの shell です。


作者

     Rob Pike


バグ

     command 内に shell のメタキャラクタを使用すると、異常な動作をするかもしれ
     ません。複雑なコマンドはシングルクォート ('') で括るのがベストです。


ABELNET VPSサービス